町田版 掲載号:2012年6月21日号
  • googleplus
  • LINE

NPO法人町田市レクリエーション連盟の理事長を務める 薗田碩哉(セキヤ)さん 小野路町在住 69歳

楽しさ発信で笑顔広げる

 ○…「レクは内々の活動より外に発信する方がより楽しい」。10年間活動を続けてきた町田市レクリエーション協会から今年4月、NPOに法人化した。「ゲームや音楽だけでなく、食事や掃除でも楽しくやればレクになる」。スポーツのイベントを行うにも『あいうえお』の精神を重んじる。「明るく・良い加減に・嬉しく・笑顔で・面白くだよ」とにっこり。小野路や野津田地域の自然を活かした野外活動、公民館やセンターでの室内活動の促進。より多くの市内の団体や組織との連携などやることは山ほどあるという。

 ○…東京大学文学部を卒業後、日本レクリエーション協会に就職。編集者として記事を書きながら全国の職場などにレクを提案した。「小説家になりたかったんだけどね」と懐かしむ。約30年勤めた後、実践女子短期大学生活福祉学科の教授として、学生らに遊びを通じた豊かな福祉の在り方を指導。毎年未来のヘルパーや介護士に「人生は楽しく生きなければいけない」と言葉をかけた。16年間勤め今年3月に退職。「若い方と話す機会が少なくなって寂しい」とつぶやく。

 ○…『さんさん幼児園』の園長としても約30年子どもを見守った。「孫が数百人いるようなもの」と微笑む。現在は同園を退き、もち米作りに励む。「連盟の方とお米を育てお餅をつくのが楽しみ。でも人手が足りないから募集しているよ。特に若い方の力をね」と満面の笑みを浮かべる。

 ○…うた、ダンス、読み聞かせ、昔遊びなど現在20団体で構成され、今後はさらに数を増やし社会貢献活動を行う。「簡単なようで難しい。信念があるメンバーらと実現していく」と意気込む。市内の大学と連携して、中高年と若者が繋がる機会も企画したいという。「町田の中心街にしても、若者だけとお年寄りだけが集う場所で境界線がある。それではいけない」。人もレクも”分け隔てなく”の心情で、笑顔の場を作る。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク