町田版 掲載号:2012年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

サルビアRC 「復興の一助になれば」 南相馬市へ消防ポンプ車

消防ポンプ車の前でサルビアロータリーのメンバーと南相馬市消防団のみなさん(6/21南相馬市役所前)
消防ポンプ車の前でサルビアロータリーのメンバーと南相馬市消防団のみなさん(6/21南相馬市役所前)

 東京町田サルビアロータリークラブ(落合孝美会長)は6月22日、東日本大震災で津波による甚大な被害と福島第一原発の事故に苦しめられている福島県南相馬市に消防ポンプ車を1台寄贈した。

 被災地支援のため様ざまな活動をしている同クラブは、都の排ガス規制のため都内で利用できなくなった消防ポンプ車を町田市から譲り受け、南相馬市への橋渡しを行った。運送費、車検代、諸経費などは同クラブが負担している。

 南相馬市は津波の被害で600人以上が犠牲となり、また原発事故では現在も帰宅困難区域、居住制限区域などが設けられ、復興への厳しい道のりが続いている。

 津波被害では、消防団員9人が殉職し、16台の消防車が流された。また被災後に救助活動をしていた消防車も海水による被害でエンジンなどが故障するケースもあるという。

 落合会長は引渡し式で「この消防車が必要な時にお役に立ち、復興の一助になれば」とあいさつし、南相馬市消防団の鈴木忠之副団長は「遠い所から来ていただきありがとうございます。壊滅的な被害を受け、消防車も資材も流されてしまいました。今回の消防ポンプ車を心待ちしていました。市民の安心・安全のために使っていきたい」と話した。

 同クラブはこれまで、消防ポンプ車2台、ゴミ収集車1台を被災地に送り届けている。また岩手県陸前高田市と大船渡市の中学生のチェコ共和国との交流活動にも参加している。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク