町田版 掲載号:2012年7月26日号
  • googleplus
  • LINE

LEDで最大90%節電 町田市 実証実験結果を公表

工場棟プラットフォームの水銀灯代替のLED(写真上)と事務所内の蛍光灯代替LED(写真=市役所提供)
工場棟プラットフォームの水銀灯代替のLED(写真上)と事務所内の蛍光灯代替LED(写真=市役所提供)

 町田市は今後のLED照明の普及に向けたデータ収集を目的にした「屋内LED照明実験」を行い11日、その結果を発表した。報告書では最大で90%の節電効果が認められた。

 町田市は5月21日から6月11日まで、メーカーおよび販売会社23社の協力を得て、町田リサイクル文化センターで実証実験を行った。事務所や廊下、会議室、倉庫、工場棟プラットホームの蛍光灯や水銀灯をLED照明に切り替え、各機器の消費電力、照度を計測し、ほかに市職員と来場者を対象にまぶしさやちらつき、発光色、明るさのばらつきの4項目をアンケート形式で聞いた。

 実験結果によると、蛍光灯を置き換えて使うタイプの直管形LED照明では、蛍光灯の約50%の節電が確認でき、また水銀灯を置き換えて使う400W水銀灯代替LED照明では、最大で90%の節電効果が生むことが分かった。工場や倉庫、体育館など天井が高い場所で使用する水銀灯をLED照明に代替することは、高い節電効果があるという。

 市は得られた結果を踏まえて、市内事業所や公共施設などへのLED照明の積極的な導入のための啓発活動に活用する。「体育館など公共施設への切り替えは、コスト面などを今後も調査し、検討していきたい」としている。

 LED照明は従来の蛍光灯や水銀灯に比べ、単価が高いものの、寿命が長く、取り付け回数やそのためのコスト、また節電効果などを考慮すると割安になる。またアンケート結果による、まぶしさや明るさのばらつきなどは、蛍光灯と比べて特に使用感に違いがないとの評価を得た。

 市は今後も同センターで実験を続け、希望する市民や事業者に実験の様子を公開していくという。問い合わせは環境資源部環境政策課【電話】042・724・4379へ。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク