町田版 掲載号:2012年7月26日号
  • googleplus
  • LINE

劇団新制作座理事長を務め、俳優・演出家として活躍する 眞山蘭里(らんり)さん 玉川学園高等部卒 53歳

舞台で「何を語るか」

 ○…「稽古はもちろん、演ずることは苦しいこと」。50年舞台に立ち続けているが、今でも変わらない。「化粧を落とした瞬間、仲間と『良かったね』と言い合える瞬間、そしてお客様の満足して頂けた顔を見た瞬間。それが演者の最高の瞬間」と言う。町田市民ホールで公演する「万国旗の子」で初の演出も行う。「今の時代だからこそ、”人とのつながり””心の絆”を観てほしい」と話す。

 ○…3歳の時に初舞台を踏む。曾祖父は劇作家・小説家の眞山青果、祖母は新制作座を立ち上げ、劇作家・演出家の眞山美保、父親は俳優の峰寿之。今でも初舞台のことは、はっきり覚えている。「観客に手を振ったら、会場はヤンヤの騒ぎだったよ」と笑顔で話すが、「でも父からは物凄く怒られた。『演出家の指示以外するな』ってね」。母親も同劇団の経営部で働き、「家に帰っても芝居の話が多くて、褒められたことはないね」と振り返る。

 ○…学校に通いながら土日、長期休みの時は舞台に立つ生活を送る。ブラジル、中国など海外公演にも帯同した。「ほかの道も考えたことがあったけど、実現しなかったね。これまで芝居以外でお金をもらったことがない。アルバイトもしたことがないよ」と笑う。多い時は180人程の劇団員がいて、多くのお兄ちゃんお姉ちゃんの中で育った。

 ○…「俳優は語る人であり、演じる人ではない」。祖母からの言葉を胸に刻む。「何を語るか」。これが舞台で演ずる心構え。「観客の年代、場所などが違えば同じ芝居でも”語る内容”は違ってくる」と自分の心にいつも問いかける。気分転換は他の劇団の芝居を観に行くこと。これまでは演技に集中して観ていたが、演出をしてから構成、内容に集中するようになった。今後の目標は祖母の作品『野盗、風の中を走る』の上演。7人の主役が魅力ある演技で魅了する作品だが「仲間が揃ってきたので実現させたい」と意気込む。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク