町田版 掲載号:2012年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

アスリートが自ら活動を紹介し選手と応援する企業と結びつけるWEBサイトを企画する 堤 裕貴さん 森野在住 26歳

人と人を結びつけ魅力引き出す

 ○…「とにかく”人”が好きなんだな」と自身を分析する。日々の行動は『人と会いたい』『人を知りたい』という思いから始まる。出会える場所、機会に積極的に参加し、ロマンスカーの中でも積極的に名刺交換する。車中で出会った人だけでも千を超える。「人と人との橋渡しが僕のライフワーク」ときっぱり。

 ○…90年近く続く建設企業の4代目。これまでの人生を振り返ると3つの段階があったという。まずは小学校時代。明るく、目立ちたがり屋で、好奇心旺盛な子だった。そして中学。クラス全体からいじめを受けた。私立だったため3年間、クラス替えもなく、担任も一緒だった。最終的に学校に行くことが出来ず「先生も交じって、いじめられた。とてもつらい時期だった」という。いじめから解放され、本来の自分を取り戻したのが高校時代。「担任の先生がテレビドラマの『GTO』みたいに熱くて、自分と向き合ってくれた」

 ○…中学3年生の時に、学生による学生のための”出会える”ホームページを作った。知り合いが周辺規模から一気に全国へと広がり、人と人が会うことで起こるエネルギーの魅力を感じた。大学卒業前にはニュージーランドに1年間留学する。「YES、NO」しか分からなかったが、奇抜な髪型にし、人が集う場所に出掛け、2カ月後には英語が分かるようになり、そして町の多くの人と知り合いになった。

 ○…学校で学生にコミュニケーション能力を教える。「人と接することが苦手な学生もゲームは得意。そのロールプレイゲームに必要なことが『コミュニケーション能力』であることを教えたい。人生に必要なものは身近な所にある。そしてもう一つ『伝達力』。「自分の考えを半分しか伝えられなければ、周囲からの評価も半分。学生が能力を発揮できるサポートができれば」。将来の目標は教育者。そして今の目標はプロボクサー。「朝、10Km弱走っていますよ。2年後に実現したい」
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク