町田版 掲載号:2012年8月23日号
  • googleplus
  • LINE

桜美林大学第4代学長に就任した 三谷 高康さん 能ケ谷在住 61歳

「違った価値観を認めること」

 ○…創立91年。「学ぶということは隣人や社会に還元していかなくてはいけないということ」。創立当初から掲げる『学園のモットー』。21世紀になった今でも、「これは大学が課せられた使命」ときっぱり。「私の使命は、そういう学生を育てること。そしてそれを具体的に実現させること」と新学長就任の抱負を語る。「桜美林大は学生の能力を出来る限り育てていく。そういうことができる大学」

 ○…大阪出身。中学3年生のころ、「人生とは何か、生きるとは何か」と悩み始めた。国立の進学校に通いながら、その生活にも疑問に感じた。卒業後、家を出て知人の紹介で禅寺で1年ほど生活を始めた。僧侶らと生活を共にし、毎日のお勤めなど厳しい日々を送る。ただ都会育ちだったこともあり、「自然の真っただ中で生活し、別世界の楽しさを満喫したよ」と振り返る。托鉢に出た時、楽しそうに歩く同世代の姿を見て、「その世代で経験できることをしておくべき。同世代と過ごす時期も必要」と感じ高校へ進学した。

 ○…大学入学後も、それまで抱いていた悩みは依然として心の中にあった。それまでに感じたことは「大人は真剣に人生の悩みを聞いてくれない」という思いだった。ちょうどその頃、「同じ目線で自分のことのように」聞いてくれる人と出会った。衝撃的だった。今は亡き、恩師と慕うその人に導かれてキリスト教に入信した。「迷いの解決は自分で見つけなければならない」と気づいた。

 ○…「国際化とは違った価値観を知り理解すること。無関心が一番ダメ。人生は『許す』こと。許すとは悪いことを許すのではなく、他者を『認める』ということ」と学生に呼びかける。「相手に関心を持ち、解ろうとすることが国際化」という。気分転換、そして健康法は「歩くこと」。ブラブラ歩くのではなく目標を決めて歩く。「引っ越したばかりなので、今散歩コースを探しているところ」と笑う。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク