町田版 掲載号:2012年8月30日号
  • googleplus
  • LINE

いじめ問題 市教委・学校の体制強化 毎月アンケート・専門チーム編成など

 市では、小中学校でのいじめの未然防止・早期発見・早期解決に向け、教育委員会と学校がより連携できる環境づくりを強化。改めて市教委に専門チームなどを設けるほか、各校に向けてマニュアルを作成した。今月27日には、臨時校長会を実施し、各教育委員から学校への要望が伝えられた。

マニュアル作成で迅速化も

 市内の公立小中学校では従来、6月・11月・2月の年3回、学期ごとに児童・生徒の全員に聞き取りやアンケート調査を実施し、いじめの実態把握に努め、教育委員会にも状況を報告していた。今後は、その頻度を月1回に増やし、状況の変化や、いじめにつながる可能性のある「からかい・いやがらせ」等のより詳細な把握に努めるという。

 また、8月には初期対応やいじめ発見のためのチェックポイントなどを盛り込んだ「いじめ対応マニュアル」を市教委で改めて用意し、新学期に全教員に配布する。

 また、教育委員会指導課内に校長OBや指導主事、臨床心理士などによる「いじめ対策サポートチーム」を設置するなど、児童・生徒・保護者からの相談への対応や学校のフォローに努めるという。

 さらに、9月より社会福祉士や精神保健福祉士の資格を持つスクールソーシャルワーカーがサポートチームの一員として教育委員会に常駐し、定期的に各学校を回る。市では「いじめのサポートはもちろん、ゆくゆくは、不登校など、いじめ以外の学校での問題についても、第三者が入った方が良い場合にも対応できるようにしたい」としている。そのほかにも、いじめのない場合でも教員間の研修などを通し、迅速な対応に努めるとしている。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク