町田版 掲載号:2012年11月1日号
  • googleplus
  • LINE

タウンレポート 子どもたちの未来のために 町田市初の放射能市民測定室「はかるーむ」

早く市民が使用できるようにしっかり確認
早く市民が使用できるようにしっかり確認

 「市民が自分の食べる物の放射線量を測ることができるように」と町田放射能市民測定室「はかるーむ」で10月24日、測定器の搬入とメーカーによる使用説明が行われた。

 この施設は市民有志で結成した「原発を考える会」や、放射能の不安や子どもの未来を心配する母親たちが運営しているもので、当日は福島産玄米の測定テストも行われた。

 測定器はEMF211型で限界値1ベクレルまで細かく測ることができる。「国の基準値が高く、さらにあいまいなので、自分の口にするものを自分たちで納得して食べられるように」と設置理由を話す。同団体で試験期間を設け、来春には一般市民が持ち込んで測定できるように準備を進める。測定は1kgあたり1000円を予定している。

 代表は明治大学名誉教授の藤井石根氏。測定室の住所は玉川学園7の12の28の205号。当面の問合せは【電話】042・729・5015明日葉(あしたば)へ。

フリマ開催しカンパ呼びかけ

 4日(日)、明日葉前駐車場でフリーマーケットが行われる。時間は午前10時から午後4時。「はかるーむ」の測定器の設置にともない、多くの寄付金が集まったが、まだ目標額には到達しておらず、今回の収益金のすべてを購入設置費用に補てんする。

 当日は新品同様の家庭用耕耘機や、衣料品、雑貨など様ざまなお得品が並ぶ。

 荒天の場合は中止。問合せは明日葉まで。なお、前日まで商品として出せるような家庭不用品を募集している。
 

EMF211型
EMF211型

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のローカルニュース最新6件

今、求められる学力とは

参加費無料

今、求められる学力とは

2月15日号

2歳児預かり始まる

幼稚園

2歳児預かり始まる

2月15日号

共同アンケート実施

町田市長選

共同アンケート実施

2月15日号

首都圏バトル5

FC町田ゼルビア

首都圏バトル5

2月15日号

地元で楽しむバレンタイン

出身校で凱旋公演

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク