町田版 掲載号:2012年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

町田市文化施設和光大学ポプリホール鶴川 施設の魅力を紹介 17イベントを企画

 町田市文化施設・和光大学ポプリホール鶴川の開館イベント「ポプリホール鶴川・オープニングフェスティバル」(町田市・開館記念事業実行委員会主催)が12月1日から始まる。

 10月に全館オープンした同館。館内には、住民票などの証明書を発行する鶴川駅前連絡所のほか、蔵書冊数約9万冊を有する図書館、300席のホール、練習室、会議室、多目的室などを整備した地上3階、地下2階の文化施設。町田市内で初めてのネーミングライツ事業として注目を集めた。

 オープニングイベントは市民有志11人で組織する実行委員会を中心に企画、運営が行われ、1日から9日までの10日間で17のイベントを実施する(3日は休館)。

 委員らは今年1月の公募で約70人が説明会に参加し、作文審査などを経て11人が選ばれた。3月からスタートした会合では、委員それぞれがアイデアを出し合い、担当に分かれて準備を進めてきた。

 委員長の中野利彰氏=人物風土記で紹介=は、「みんなでアイデアを出し合い、やりたいイベントは倍以上あった」と話す。今回のテーマは『みんなが主役 音楽と本のひろば』。「市民の皆さんのための施設。主役は市民の皆さん。このイベントを通して施設の魅力が伝われば」と中野委員長。

 開放的な図書館や交流スペース、カフェ、ホールなど施設の魅力を引き出すイベントを企画した。

 オープニングフェスティバルでは、鳴子踊り、鶴川の歴史を写真と朗読でたどる歴史展や、鶴川出身の岩手県陸前高田市の戸羽太市長の講演(受付終了)、キルト展示&ワークショップ、バンド演奏、コーラス、JAXA講演&「はやぶさ」を題材にした朗読劇、町田市の名産品・地元野菜の即売会、スターライトシアターなどが行われる。中野委員長は「鶴川の過去、現在、未来を通して地元の魅力、施設の魅力を表現したい」と話す。

 JAXA講演&朗読劇では、JAXAの小林智之氏を招き「日本の宇宙利用」の講演のほか、学生や市民らが制作した立体即興朗読劇「はやぶさ」も上演する。制作者がアイデアを駆使し、様ざまな技術を取り入れ完成させた必見のイベント(事前申込み)。

 自由参加のほか事前申込みのイベントがあり、申込みは町田市文化振興課【電話】042・724・2184へ。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク