町田版 掲載号:2012年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

和光大学ポプリホール鶴川「開館記念事業」実行委員会の委員長 中野 利彰さん 玉川学園在住 70歳

仲間と一緒にイベント作り

 ○…「気軽に楽しめる施設として紹介したい」。12月1日から始まるオープニングフェスティバルへの意気込みを話す。今年3月に公募で集まった11人で手分けして準備を進めてきた。「知らない人たちが集まって、楽しい人たちばかりで、いろいろ勉強になったし、楽しかった。けど本番はこれから、まだまだ大変だよ」。このイベントを通して、市民が利用しやすい雰囲気作りを目指す。

 ○…テレビCMやイベントの企画を手掛ける。名古屋万博「愛・地球博」のパビリオンでのショーの企画や、ハウステンボスでの3D映像など多くの人たちの日を喜ばせてきた。「業界ではちょっと年寄りになってきた」と話すが、「今後、3D映像の時代がやって来る。目の前に手に触れるほどの映像が届けられるようになったら楽しいよね」と目を輝かせる。手掛けたテレビCMが住んでいた団地に流れた時、窓から見える団地の壁に色が映っていく。「白から青、赤…」。自分がコマ割りした通りに色が流れていく。「日本中に自分の作品が流れていると思って『幸せな仕事をしているな』って感動したよ」

 ○…学生時代、JAZZに熱中する。ベースを担当し、他のバンドからもお呼びが掛り、プロのステージに立ったことも。就職し、縁遠くなったが、40歳ごろ電車の中で当時の先輩に偶然出会い、再びベースを弾きだした。今でもJAZZを楽しみ、多くの仲間と演奏している。

 ○…「市民のための施設だと分かってもらえれば」。地元に自分の書斎、居間が出来たと感じてもらえればという。今回が初めての地域の活動。予算や期限など様ざまな制約があるなかで、みんなでアイデアを出し合い、準備してきた。「ボランティアという立場で、できることとできないことがあったが、こういう経験やノウハウを次の人のために残してあげたい」。イベント本番まで気が抜けない日々が続く。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク