町田版 掲載号:2012年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

町田市つながり広がる支援事業に関わる「芽が出るプロジェクト」代表 安田 早苗さん 鶴川でイベント開催 44歳

アート通じて対話の場を

 ○…2007年から市内各所で「体験する時間そのものが作品」というワークショップを開催してきた。夫の転勤を機に、拠点を移し、人脈もない中、ゼロからのスタートだったが、毎年テーマを変えながら継続した結果、2010年度からは地域支援事業に認定を受けるように。

 ○…滋賀県出身。絵が好きだったことや両親の希望から、地元の大学の教育学部美術科を卒業後、中学校の美術教員を皮切りに、高校や保育園で指導経験を重ねる。その一方、表現活動を続けた。10年ほど前、京都で「美術の力はどんな人でも有効であるのでは」と、種や種の絵を紙風船で飛ばし、返ってきた作品や手紙を本にまとめる「種をまくプロジェクト」を立ち上げた。5年間の継続で、2、3人で始めた活動は、300人ほどの観客やグッズ・ワークショップ、演奏などの関連活動を生むまでになった。現在の活動は「これまでの表現活動と仕事(教えること)を融合させたくて始めたもの」だという。

 ○…「自主性を重んじているけれど、うるさい親かも」。絵画や美術教育をテーマに和光大学で教鞭をとる夫は、大学時代の同級生。プロジェクトの良きパートナーでもある。中学生の娘には、自宅の絵画教室などで、小さいころから働く姿を見せてきた。そのためか、「自分がするべきことなどを自然に身に付けてくれている。何とかなるもんだな、と思っています」と笑う。

 ○…20年ほど前、美術教員をいったん辞め、1年ほどスペインで絵画技法を学びながら、欧州数カ国の現代美術展を回った。その際、美術館で印象に残ったのは、子どもたちの姿だったという。「よく作品の前でギャラリートークをしていました。現代美術など、本物に接する機会の多さも、日本との違いましたね」。今年度は「対話型」の鑑賞教室も開催。「美術鑑賞という機会を、世代や地域などのコミュニティを超えて、深く話をする場にしたい」
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク