町田版 掲載号:2012年12月20日号
  • googleplus
  • LINE

全国高校女子駅伝に今年初出場する 谷萩 史歩さん 南成瀬在住 17歳

「記録は自分で塗り替える」

 ○…今年は、インターハイや国体など、立て続けに初舞台を経験した上、3000mと5000mの都高校記録保持者に。来年1月、京都で開催される皇后杯全国女子駅伝の東京都代表メンバーにも選出された。とはいえ、「中学や高校1年の時は、それほど目立った存在ではなかった」と陸上競技部顧問の井上洋教諭。中学・高校1年で下地作りをしっかりできたことや、ケガをせずに走り込めるところが強みとなり、躍進につながったという。

 ○…毎朝5時20分に起床し、帰宅は夜8時ごろ。中学時代からつけている練習日誌には、体重や食事に至るまで、きちんと記録。「レース前には、いい走りができた時(の日誌)を振り返りながら、イメージしたりします」。風呂上りは「体幹を鍛えてブレのない走りを」とストレッチや腹筋を欠かせない。「自分よりも速い選手はまだまだいっぱいいる。今の自分に足りないものは何か、いつも考えています」

 ○…小学校のころから徒競走は得意だった。「父と恩田川を一緒に走っていました」。今年、中学1年になった4歳下の弟もまた、陸上部員に。現在も休みの時は、家族で走ることも。モノ作りも好きで、「この間は、両親の結婚記念日に、ダンボールに色紙を張ったボードをあげました」。弟のお守りも、姉の特製だ。

 ○…課題は「苦しくなった時の我慢」と自己分析する。だが、「誰にも負けたくない。記録は自分で塗り替えたい」と負けず嫌いな面もチラリ。そろそろ気になる進路は「実業団か、大学進学か」と心揺れる日々だそう。だが、「走る事には、一生かかわっていきたい」と、きっぱり断言。「中学時代は、走ることの楽しさはもちろん、礼儀など基本的なことを教わった。今の先生は、練習で思うようにいかない時も、一言で自信を取り戻させてくれる」。そんな存在に未来の自分を重ねながら、今日も挑戦への一歩を踏み出す。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク