町田版 掲載号:2014年2月20日号 エリアトップへ

麻布大学大学院生で、代表として雌マウスの繁殖機能についての研究を発表した 浅場 明莉さん 26歳

掲載号:2014年2月20日号

  • LINE
  • hatena

「実験は頑張ったごほうび」

 ○…マウスの雄には求愛の歌があり、歌には系統がある。それならば、「求愛を受け入れる雌にも法則があるはず」と目を付けた。東急ハンズで購入したアクリル板を切り出して独自のケージを作るなど、ゼロからのスタートだった。研究を立ち上げ3年。雌は自身とは違う種類のマウスの歌を好むことを発見し科学誌で発表、瞬く間に報道が世間を駆け巡った。難しい繁殖や、畜産業での効率の良い人工授精の応用に格段に道が拓けた。

 ○…藤沢出身。幼い頃から「リケジョ(理系女子)」として才能を発揮する。小学生の時、友達が卒業文集で夢や思い出をつづる中、「チョークの粉を集めて復活させる実験」の結果を論文にまとめて発表。先生に褒められて自信をつけた。自宅では、絶滅危惧種に指定される「藤沢メダカ」の繁殖のため、卵がかえる様子に目を輝かせた。身近に生命の不思議に触れる環境があった。「生き物が好きなら」と先生に薦められて麻布大学へ進学。教養科目での膨大な暗記量にうんざりすることも多かったが、研究室への所属後は「やっとやりたいことに出合えた」と充実を感じた。

 ○…研究に没頭するため、現在は実家を出てシェアハウスで生活。世代も職種も違う人々との交流で生まれる刺激は大きい。研究者の顔から一変、休日は料理をしたり、着付け教室に通ったりと自分磨きも忘れない。「同じ一本の帯から何通りもの結び方が生まれる感じは実験に通じるものがありますよね」と、やはりリケジョの顔も覗かせる。

 ○…「求愛活動は人間にも通じる部分」と動物のコミュニケーションの大切さを強調する。現在は、マウスの求愛の研究を行うポルトガルの施設への留学に思いを馳せる。「論文などデスクワークは苦手ですが、この後に実験ができると思うと頑張れる。実験はごほうびです」と笑顔。アクリル板から始まった研究の道は、まだまだ終わらない。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

宮澤 雅文さん

町田市民文学館の「のりものえほん展」にあるジオラマを製作した

宮澤 雅文さん

相模原市在住 61歳

9月16日号

鈴木 忠さん

第11代町田市社会福祉協議会会長に就任した

鈴木 忠さん

鶴間在住 76歳

9月9日号

渡辺 縁(ゆかり)さん

「真之山ふるさとの森を守る会」の代表を務める

渡辺 縁(ゆかり)さん

本町田在住

9月2日号

ホースボーン由美さん(本名 竹川 由美)

初となるアガサ・クリスティの法廷劇に一人芝居で挑む

ホースボーン由美さん(本名 竹川 由美)

能ケ谷在住 

8月19日号

バンバン ルディアントさん

和光大学教授でインドネシアを広める活動に力を入れる

バンバン ルディアントさん

川崎市在住 54歳 

8月12日号

高橋 豊さん

(一財)町田市文化・国際交流財団の理事長に就任した

高橋 豊さん

木曽西在住 66歳 

8月5日号

あっとほーむデスク

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月19日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook