町田版 掲載号:2014年6月26日号 エリアトップへ

女子陸上関根花観選手 五輪目指し始動 アジアジュニア大会で2位

スポーツ

掲載号:2014年6月26日号

  • LINE
  • hatena

 金井中学校卒業の関根花観選手は15日、台湾で行われた第16回アジアジュニア陸上競技選手権大会に出場し、女子3000mで準優勝し銀メダルを獲得した。2016年リオデジャネイロ、2020年東京五輪への出場に期待が強まる結果となった。

 日本陸上競技連盟が19歳以下からリオデジャネイロ、東京五輪での活躍が期待されている選手を編成してチームを作り、関根選手も将来性を期待され今回の選考となった。

 中学校時代に陸上を始めた関根選手。中学の時には都駅伝大会で町田選抜チームを優勝に導き、高校は愛知県の豊川高校に進み、2013年の全国高校駅伝で、エースが集まる1区を走り3位の好成績でまたもチームを全国優勝に導いた。高校時のベストタイムは9分06秒97(3000m)で高校生第8位(2013年12月末時点)。

 関根選手は高校を卒業した今春、日本郵政株式会社に入社し、女子陸上部に所属し仕事と陸上の日々を送っている。

 関根選手にとって初めての大舞台となった今大会。序盤は先頭を走り自分のペースでぐいぐいレースを引っ張るいつものスタイルで調子を上げていたが、終盤に追いつかれ9分17秒55の成績で2位となった。1位はキルギスの選手で9分16秒23の成績だった。

 関根選手はレースを振り返り、「1週間前から台湾入りしたが、最終日のレースだったので調整が難しく、暑さ対策も甘かった」と悔やんだ。

 今後は北海道での大会に出場した後、国内での合宿を経て、海外での高地トレーニングに向かう。秋には駅伝などのシーズンになるので、万全の調整で大会に挑む。

 「今後とも大きな大会で結果を残したい。目指すのは2020年東京五輪のマラソンで出場したい」と関根選手。日本郵政グループ女子駅伝部の高橋昌彦監督は「今春創部した新しいチームの中で、本当に良くやってくれている。すべきことが分かっている選手だ」と期待を寄せる。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

八百屋のテーマ歌う

HIPHOP歌手『野武士』

八百屋のテーマ歌う 経済

元バイト先への恩返し

7月29日号

ホストタウンを花で演出

町田市民ホール

ホストタウンを花で演出 教育

総合高校の生徒が生け込む

7月29日号

まちだのうちわで応援

まちだのうちわで応援 教育

サレジオ高専生がデザイン

7月22日号

SS(ショートショート)作家が出張授業

南成瀬小

SS(ショートショート)作家が出張授業 教育

文学館のコンクールを機に

7月22日号

思いつなぐトーチキス

東京五輪聖火リレー

思いつなぐトーチキス スポーツ

東京初日を町田シバヒロで

7月15日号

英語教材を共同制作

市×大学ゼルビア

英語教材を共同制作 教育

小学校の放課後教室で使用

7月15日号

あっとほーむデスク

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter