町田版 掲載号:2014年9月25日号 エリアトップへ

市民後見人 制度強化のため育成 町田市 10月からスタート

掲載号:2014年9月25日号

  • LINE
  • hatena

 認知症や知的障がいなどで十分な判断能力がない人が不利益を被らないように支援する成年後見制度。町田市は、10月から「市民後見人」育成を開始する。成年後見制度をより利用しやすくすることが目的。

 成年後見制度とは、不動産や預貯金などの財産を管理したり、介護サービスや施設の入居などの契約を結んだりする必要があっても、認知症などのため自分で対処することが難しい人を保護し、支援する制度。その必要性は町田市を含め、全国的に年々増している。

 町田市が10月から開始する「市民後見人育成制度」は、弁護士や司法書士、社会福祉士などの資格は持たないが、被後見人、被保佐人、被補助人と顔が見える関係の中で、きめ細かな後見活動を行う市民を育成するもの。

 市内には東京都の基礎講習を修了した20人が「町田市市民後見人」として現在登録し、これまでに18件選任されている。都の講習は2013年度で終了。

 市民後見人は、財産管理や福祉サービスの調整以外にも、認知症のある高齢者を訪問したり、必要な支払を代わりに行ったりし、また精神障がいのために長く入院中の市民を訪れ、おしゃべりや散歩などを一緒に楽しんで行う。

 町田市によると、成年後見制度について市内の新規相談件数が昨年度1年間で860件以上と増えているという。また申立人が親族に誰もいないため、市長申立となった人が昨年度で20件。13年末現在の累計では、145件と東京家庭裁判所立川支部管轄では、町田市が一番多い。

シンポ開催

 町田市は市民後見人のことを知ってもらおうとシンポジウムを開催する。10月25日(土)、ホテルザ・エルシィ町田で午後1時30分から。無料。要約筆記・手話通訳あり。

 基調講演では「成年後見制度の動向と市民後見人の可能性」をテーマに中央大学法学部教授の新井誠氏が登壇。ほかに厚生労働省の安藤正純氏、町田市の高木粧知子氏による現状報告、パネルディスカッションなども行う。申込みは町田市役所イベントダイヤル【電話】042・724・5656へ。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

町田の秋祭り中止相次ぐ

町田の秋祭り中止相次ぐ 教育

昨年に続き開催断念

9月16日号

シングルマザーを支援

市内在住藤原裕子さん

シングルマザーを支援 社会

洋服や鞄など寄付

9月16日号

無限大の魅力を募集

芹ヶ谷公園と周辺地域

無限大の魅力を募集 教育

写真や動画で再発見

9月9日号

フードドライブで地域繋げ

小山・小山ヶ丘

フードドライブで地域繋げ 社会

防災意識の醸成にも

9月9日号

森歩きマップを作成

森歩きマップを作成 教育

真之山ふるさとの森を守る会

9月2日号

コロナ禍でイチオシに

トライアル発注認定

コロナ禍でイチオシに 経済

市内4事業者の4商品

9月2日号

あっとほーむデスク

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月19日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook