町田版 掲載号:2015年3月19日号 エリアトップへ

鶴の羽の会 継続する活動に支援多数 「私たちは忘れない」

社会

掲載号:2015年3月19日号

  • LINE
  • hatena
ビデオレターで感謝の言葉を述べる戸羽太市長
ビデオレターで感謝の言葉を述べる戸羽太市長

 東日本大震災から4年が経つ3月11日、一般社団法人鶴の羽の会(上野靜栄会長)主催の「3・11私たちは忘れない〜支援者の集い」が和光大学ポプリホール鶴川で行われた。昼・夜の部ともに満席で、市民の大震災への関心の高さ、同団体の活動の浸透などがうかがえる集いとなった。

 同会は岩手県陸前高田市の市長を務める戸羽太さんの同級生らが結成した団体。戸羽さんは、鶴川第四小、鶴川中、町田高校を卒業した町田市出身。大震災直後、甚大な被害を受けた陸前高田市の市長を支援しようと結成された。

 上野会長は集いの中で、同会の活動報告のほかに、大震災直後に戸羽市長と話したことを紹介した。「俺のことは大丈夫。それよりも復興への資金が無い。1円でも10円でも欲しい」。同会はそれ以後、義援金や災害復興寄付金などの呼びかけや、陸前高田市の特産品を販売し、その売上を寄付するなど活動を続けてきた。また支援になればと、折鶴を作り続けてくれる支援なども紹介し、活動が様々な人に支えられていると感謝の気持ちを話した。

 集いでは、戸羽市長もビデオレターで出演し、寄付された支援金などがどのように使われているか、復興の現状などを説明し、感謝の言葉と今後も「忘れないでほしい」と呼び掛けた。

 当日は和光鶴川小の鶴っ鼓座や町田高和太鼓部、鶴川中PTA「ラ・メール」も参加し、和太鼓やコーラスを披露。ヴァイオリニスト式町水晶さんのチャリティーコンサートも行われ、同会は「幼児期に発症した脳性麻痺で身体のハンディを負いながら音楽活動を行っている式町さんの姿は、復興へ取り組んでいる被災者の皆さんの姿と重なり、勇気づけられました」と話していた。

式町水晶さん
式町水晶さん

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

定数4に9氏が名乗り

都議選

定数4に9氏が名乗り 政治

投開票まで3カ月、情勢は

4月8日号

特殊バスで医療サポート

特殊バスで医療サポート 社会

問診や待機場所として提案

4月8日号

地域のものづくりで連携

地域のものづくりで連携 社会

教育や人材育成を目指し

4月1日号

寄付ウエアを橋渡し

FC町田ゼルビア

寄付ウエアを橋渡し 社会

インターン生発案で子どもたちへ

4月1日号

首都直下型地震に備える

警察署6署合同

首都直下型地震に備える 社会

署員36人が参加

3月25日号

まちだ育成会が優秀賞

都女性活躍推進大賞

まちだ育成会が優秀賞 社会

働きやすい職場作り加速

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク