町田版 掲載号:2015年5月6日号 エリアトップへ

町田ゆかりの江戸時代俳書 「草神楽」が翻刻刊行 市民グループの手で

文化

掲載号:2015年5月6日号

  • LINE
  • hatena
「五十嵐浜藻・梅夫研究会」のメンバー(中央=高場康禎さん、右=淺原雄吉さん)と文学館・守屋さん。グループの翻刻作業は2年余りの歳月がかかった
「五十嵐浜藻・梅夫研究会」のメンバー(中央=高場康禎さん、右=淺原雄吉さん)と文学館・守屋さん。グループの翻刻作業は2年余りの歳月がかかった

 町田市民文学館で市民研究員として活動する市民グループ「五十嵐浜藻・梅夫研究会」がこのほど、江戸時代の俳書『草神楽』を翻刻し、同館より刊行された。近世俳諧史研究の上でも大変貴重な資料が誰でも気軽に読めるようになり、町田ゆかりの隠れた文学遺産となっている。

 『草神楽』は江戸後期、現町田市南大谷の名主で小林一茶などとの交友が知られる俳人「五十嵐梅夫」によりまとめられたもの。小林一茶全集内には一茶と梅夫、娘で同じく俳人の浜藻3人が巻いた連句が登場することで知られる。草神楽には平安時代の貴族による連歌を母体として生まれたた「連句(俳諧)※脚注」が109巻収められている。梅夫、浜藻が江戸から長崎まで行脚し、地方の詩人たちと詠った詩から当時のことを伺うことができるということでも大変貴重なもの。

 町田市民文学館の守谷信二さんは「忘れられているが俳句の原点であり、日本独特の文芸。人間関係が希薄になっている現代だからこそ、相手を想いながら付けていく連句を知ってほしい」と呼びかけている。

 『草神楽』は町田市民文学館ことばらんどまたは市庁舎1階・市政情報課にて1000円で販売。また、ことばらんどでは毎月1回「町田連句を楽しむ会」による連句実作も行われている。詳しくは町田市民文学館ことばらんど【電話】042・739・3420へ。
 

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のローカルニュース最新6

クリスマスをゴスペルで

クリスマスをゴスペルで 文化

コンサートとワークショップ

12月2日号

新春にカンツォーネ

新春にカンツォーネ 文化

町田市シャンソン文化協会

12月2日号

往還寺 報恩講に20人

往還寺 報恩講に20人 文化

西成瀬で

12月2日号

親子共演、往年の名曲披露

菅原洋一さん

親子共演、往年の名曲披露 文化

和光大学ポプリホール鶴川

12月2日号

15周年イベント盛況

万象房

15周年イベント盛況 文化

さまざまな音楽ライブ

12月2日号

レンブラント、アワード受賞

レンブラント、アワード受賞 社会

予約サイト「アゴダ」で

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook