町田版 掲載号:2015年5月6日号 エリアトップへ

チャリティコンサート 広がれ支援の輪 地元アーティストら団結

文化

掲載号:2015年5月6日号

  • LINE
  • hatena
昨年開催時の出演者集合写真。今年は大人から子どもまで20組のアーティストが参加
昨年開催時の出演者集合写真。今年は大人から子どもまで20組のアーティストが参加

「想い」と「絵本」音に乗せて

 多摩境のギャラリーに町田・相模原エリアのアーティストが集い、5月16日(土)、17日(日)にチャリティーコンサートを行う。今年で5回目となる同イベント。来場者に持参を呼び掛けるのは『絵本』。

 通常は美術作品の展示などを行うギャラリー「ギャラリーカフェアルル。」(小山ヶ丘3の22の18)ではコンサートや習い事の練習場所として、またコーヒーやお茶などを楽しむカフェとしても利用され、アーティストの交流場所ともなっている。

 同所で恒例となっているチャリティーイベントが企画されたのは4年前。東日本大震災時に同所を利用するアコーディオン奏者の後藤ミホコさんが、自身の阪神淡路での経験もあり「なにかできないか」と同ギャラリーの代表・萩原崇弘さん(中面・人物風土記で紹介)に提案。ギャラリーの利用者、アーティストの繋がりで声掛けが始まり実現した。初年度は2日間で150人の来場者が集まり、11万500円の寄付金が日本赤十字社を通して被災地へ届けられた。

バングラデシュの子どもへ

 5回目となる今年。来場者も寄付金も年々増加。「国内だけでなく世界にも目を向けられないか」。そんな意見が毎年参加するメンバーから出始めた。「そんな時にバングラデシュ出身の画家カビールさんに出会い、話を聞いたんです」と萩原さん。

 バングラデシュでは図画工作や美術の授業がない学校が多く、絵を描いたこともない子が多いという。メンバーは協力を快諾。寄付金とともに、より形として届けやすいという『絵本』を集めることに決まった。「音楽と美術の垣根を超え、アートとしての交流からなにかを発信できたら。今後も継続して取り組みたい。ぜひ初めての人も来てみて下さい」と萩原さんは参加を呼び掛けている。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

常設フードドライブ開始

NPO法人ゆどうふ

常設フードドライブ開始 社会

若者と地域をつなぐ

12月9日号

「共生」テーマに全国繋ぎ

まちだDサミット

「共生」テーマに全国繋ぎ 社会

認知症とともに生きる

12月2日号

地場野菜、食べよう

町田市

地場野菜、食べよう 経済

購入・配送サービス「マチコロ」

12月2日号

初のeスポーツ大会開く

町田工業高校

初のeスポーツ大会開く 教育

中学生に自校をアピール

11月25日号

賑わい求めて実験開始

町田市中心市街地

賑わい求めて実験開始 社会

2つの通りで1カ月間

11月25日号

文化庁から功労者表彰

三ツ目囃子振興会

文化庁から功労者表彰 文化

金井獅子舞は都から受賞

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook