町田版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

(PR)

(株)ベネッセスタイルケア主催 自分らしく生きるための医療のかたち 「地域医療セミナー」開催

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena

 病気や障害で身体的、精神的に苦しむ患者に対し「ターミナルケア」や「緩和ケア」という医療のかたちがある。訪問診療に特化したクリニックを行い、この4月にさらに医療機能を強化した稲城わかばクリニックを開設した院長の関根秀明氏に終末期における医療、在宅での看取りについて聞いた。

―・―・―・―・―・―

 患者の身体的、精神的苦痛を軽減することでQОL(生活の質)の維持や向上に主眼を置く「ターミナルケア」は、慢性呼吸不全や神経難病などの末期で人工呼吸管理が必要とされる方、脳卒中後遺症、認知症で昼夜寝たきりの方、悪性腫瘍の終末期の方で、ご自宅で最後まで過ごすことを希望する方らに対して行われる。関根氏は「患者さんが暮らしている場での診療が患者さんの安心感につながるのです」と話す。

 在宅での看取りについて「周りの人のサポートが重要」と説明。治療は積極的な回復治療はせず、苦痛を取るものになる。病院、施設と連携を取りながら、ケアマネジャーを中心に、ヘルパーや訪問看護師、入浴、リハビリ、マッサージの専門家が一体となり患者の苦痛を和らげ、本人や家族の不安を取り除く。今、増えている「制限の多い病院の病室で最期を迎えたが、慣れ親しんだ自宅で看取ってあげたかった」という声を少しでも減らすために。

 関根氏は「生物学的に食べられなくなったら寿命だと考えることができます」と説明。しかしその状態を患者本人が認知できない場合があり、その時点で早期に告知なくターミナルケアを推進している。あくまでも「主体は本人であり家族である」という考えだ。「訪問診療などで病院でなくても、自宅や施設で最期を迎えられる。ターミナルケアをその選択肢の1つとして知ってほしい。本人や家族がどう生きるのか、そして納得のいく最期を迎えられるために」と語る。

ベネッセスタイルケア(6月14日記事)

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のピックアップ(PR)最新6

子どものための英会話&英語塾

コロナ対策万全 安心の少人数制 申込受付中

子どものための英会話&英語塾

3月16日〜27日に無料体験レッスン

2月18日号

里山で静かなひと時を

萬松寺小野路の郷

里山で静かなひと時を

2月13日(土)、14日(日)見学会

2月11日号

冬の乾燥肌とスキンケア

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

冬の乾燥肌とスキンケア

三成会 新百合ヶ丘総合病院

2月11日号

新型コロナ検査キットを販売

自宅や職場で検査できる

新型コロナ検査キットを販売

感染拡大防止へ薬局が動く

1月28日号

「レーザー治療」で早めの対応を

花粉症対策

「レーザー治療」で早めの対応を

五島耳鼻科めまいクリニック

1月28日号

エアコンか換気扇洗浄が4000円

奥様応援キャンペーン(2月末まで)

エアコンか換気扇洗浄が4000円

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク