町田版 掲載号:2015年6月4日号 エリアトップへ

町田市民謡協会の4代目会長を務める 勝又 竹時さん 木曽在住 72歳

掲載号:2015年6月4日号

  • LINE
  • hatena

想い込めた伝統唱法で

 ○…『わたしゃ外山の日陰のわらび〜♪』…「嫌なことだって忘れられるわよ」とお腹から出る気持ちのいい歌声で哀愁ある曲を歌い上げる。35年の歴史ある会の会長として伝統文化『民謡』を伝承。「先生になるつもりはなかった」と振り返るが今では三味線も扱い、多くの弟子と400人以上の会員をまとめる。先月市民ホールで行われたチャリティーショーも観客の大歓声で締めくくられた。

 〇…最初は民謡の「み」の字も知らなかった。家元ではなく、結婚して23歳の時に自分の意思で習い始めた。「テレビの『のど自慢』は民謡の人がいつだって合格だったから」ときっかけを話す。「道楽だ」と当初は反対した旦那さんを振り切る形で始め、気づけば50年。あっというまに民謡の世界にのめりこんだ。本気で打ち込む姿勢に旦那さんも理解し、応援してくれるように。「友だちも増える」「楽器もできる」「嫌なこともスッキリ!」と笑顔。

 〇…男1人女7人兄妹の5女として木曽に産まれる。「一番大人しいのが私だったの」。明るくサバサバした今の姿を知る人は皆驚くという。大人しさの原因は、産まれつきのコンプレックスに悩まされていたから。「あの頃は人前に出るのが嫌だったのよね」。そんな消極的な自分を変えてくれたものこそが『民謡』だった。「雨が凄い台風の日。とにかくとっても気持ちがよかった」。初舞台の感動は今でもハッキリと覚えているという。境川が氾濫するほどの豪雨の中、大勢の人が観に駆けつけてくれた。「消防の人には怒られちゃったけどね」とニッコリ。

 〇…民謡の他にレクダンス、カラオケ教室など多くの趣味を持つ。20代で自分を変えた趣味との出会いを踏まえ、「なんでも挑戦。色んな経験をするべき」と若い世代にメッセージを送る。そして「リタイア後の人も是非色んなことを挑戦してみてほしい。例えば民謡だってとってもいいものよ」と明るい笑顔で語った。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

中坪 亮輔さん

まちだ野菜を市民に届ける株式会社マチコロで代表取締役を務める

中坪 亮輔さん

木曽西在住 20歳

12月2日号

岡 資治さん

創立60周年を迎えた東京町田ロータリークラブの会長を務める

岡 資治さん

旭町在勤 63歳

11月25日号

林 アメリーさん

布のアッサンブラージュ作家で、町田福音キリスト教会で作品展を開く

林 アメリーさん

品川区在住 88歳

11月18日号

小宮山 文彦さん

小山町・小山ヶ丘・相原町を管轄する南大沢警察署長に着任した

小宮山 文彦さん

南大沢在住 58歳

11月11日号

浅倉 彩さん

「2021ジャパン・ケーキショー東京」の一部門で銅賞を受賞した

浅倉 彩さん

町田市在住 40歳

11月4日号

須貝(すがい) 麻優子さん

グリーンヨガフェスタ町田実行委員会で実行委員長を務める

須貝(すがい) 麻優子さん

広袴在住 51歳

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook