町田版 掲載号:2015年6月18日号 エリアトップへ

桜美林大SLC―V 4年目の東北 報告会 相模女子大と初共催

教育

掲載号:2015年6月18日号

  • LINE
  • hatena
SLC-Vのメンバー
SLC-Vのメンバー

 桜美林大学(常盤町/三谷高康学長)の学生が6月20日(土)、21日(日)、東日本大震災の被災地の復興状況を伝えるための展示会「私たちの見た岩手・宮城〜始動、東北〜復興から4年、もう一度考える東北」を相模女子大学(相模原市/風間誠史学長)と共同で開催する。会場は相模大野のユニコムプラザさがみはら(相模原市南区)。

 桜美林大学のサービスラーニングセンターボランティア(SLC-V)は学生ボランティアとして、東日本大震災直後の2011年4月に結成。以来、被災地支援を行ってきた。現在も定期的に現地に赴き、仮設住宅に暮らす住民との交流や、農家の手伝いなど積極的な活動を継続するほか、同大チャペルで「復興支援カフェ」を開催し、支援する宮城県山元町の山元いちご農園から仕入れたイチゴを使ったスコーンやジャムなどの販売を通じて、学生らに「現地の様子」を報告している。

 今年2月、町田市内で行われた「学生活動報告会」。そこで同じく被災地支援を継続している相模女子大学の「復興支援学生ボランティア委員会」の学生と出会った。対外的な発表の場を模索していたSLC-Vに相模女子大の学生が呼びかけ、共同開催に至った。「初めての共同開催で楽しみ。地域の人たちに学生ならではの視点で活動を伝えていければ」とSLC-Vリーダーの前田莉穂さん。また相模女子大の高橋里波委員長は「共通しているのは『食』での支援。東北の食の美味しさを伝えることで復興支援に繋げていきたい」と意気込む。

 報告会当日は、山元いちご農園の「イチゴマカロン」や、相模女子大学が岩手県大船渡市の森下水産(株)と共同開発している「海鮮キッシュ」の試食会などが行われる。そのほか、震災当時から現在の復興状況に関する写真と映像の展示、学生同士による座談会などが開催される。午前10時〜午後6時。一般来場自由。

 問合せは、桜美林大学地域・社会連携室【電話】042・797・5394へ。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

地元の魅力載る冊子作成

桜美林学園中学3年生

地元の魅力載る冊子作成 教育

生徒取材に地域、市が協力

5月19日号

未来の町田をマイクラで

町田JC

未来の町田をマイクラで 社会

初企画、児童が街を創造

5月19日号

まちだ感謝祭を初企画

FC町田ゼルビア

まちだ感謝祭を初企画 スポーツ

5月15日、「家族」テーマに

5月12日号

約20年ぶり、茶室に「息吹」

鶴川虚心亭

約20年ぶり、茶室に「息吹」 文化

「文化遺産に」2年かけ整備

5月12日号

3年ぶり、初の5月開催

フェスタまちだ

3年ぶり、初の5月開催 文化

中心市街地活性化 目指す

5月5日号

4度目のデフリンピック

本町田在住山中選手

4度目のデフリンピック スポーツ

マラソンと1万mに出場

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月24日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook