町田版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

町田の街並みをイラストに描きおろし、展示会を行うイラストレーターの 本田 亮さん 中町在住 31歳

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena

人々の暮らし彩る絵師に

 ○…駅の中心街から程近い一室で黙々と水彩画を描き上げる。その部屋には時計がない。「できるだけマイペースにやりたいんですよね。それが性に合っている」。本や雑誌の挿絵イラストから企業や施設の内装まで様々な空間に”色を与える”仕事。今回の展示会は「ただ絵を並べるんじゃなく、町田をもっと好きになるきっかけになると思ったんです。皆がなにかを感じてくれたら」と意気込む。

 〇…『活発なタイプ』と振り返る少年時代。友だちと遊ぶことも好きだったが、なにより好きだったのは『絵を描くこと』。ドラえもんの落書きで勉強机をいっぱいにしながら漫画家を夢見ていた。漫画家から”イラストレーター”に路線変更したきっかけは環境漫画家「本田亮」さんのイラスト。新聞で見つけて「『自分と同じ名前の人の絵だ!』って」。空想の恐竜が水を飲み、環境保護を訴えるイラストが心を鷲掴みにした。それからしばらくお父さんの仕事の都合で英国への引っ越しが決まった。

 〇…「赤ちゃんに戻ったような気分でしたよ」と言葉の壁に苦労した頃を振り返る。めまぐるしい環境の変化と意見もうまく言えない苛立ち…救ってくれたのが、自分の気持ちを真っ直ぐに表現できる『絵』だった。諦めずに語学の勉強を続け、専攻はできる限り美術を選んだ。大学まで進むうちに気づけば英語も習得、周りは夢を応援してくれる友人で溢れていた。

 〇…卒業後は通訳とイラストレーター「二足の草鞋」。絵一本で勝負することにしたのは『もっと挑戦しなよ』という友人の言葉だった。「当時は『頑張ってるよ!』って反発したんですけどね。今では感謝してます」とほほ笑む。帰国し、出版社に片っ端から自分の絵を売り込む。その努力が実を結んだのか、様々な仕事が舞い込んだ。今後の目標は『仕事に慣れないこと』。「昔の情熱を忘れずに、人の心を豊かにするような絵を描き続けていきたいですね」

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

宮野 茉莉さん

玉川大学卒でNBAのチアリーダーのオーディションに挑戦する

宮野 茉莉さん

都内在住 24歳 

6月10日号

馬川 賢一さん

鶴川団地センター名店街のカフェでコンサートを開く「うまけん」こと

馬川 賢一さん

薬師台在住 52歳

6月3日号

力武(りきたけ) 誠さん

ギターのリペアマンとして経験を生かしたオリジナルギターを製作する

力武(りきたけ) 誠さん

大和市在住 44歳 

5月27日号

飛田 奏(かな)さん

ACジャパン広告学生賞の新聞広告部門でグランプリを獲得した

飛田 奏(かな)さん

桜美林大学 3年

5月20日号

鈴木 椎那(しいな)さん

6月20日(日)の「少し遅い母の日コンサート」に出演する

鈴木 椎那(しいな)さん

相模原市在住 25歳 

5月13日号

佐藤 昇さん

自身の教育論・教師論を著した『子どもに寄り添う教師』を上梓した

佐藤 昇さん

高ヶ坂在住 72歳

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter