町田版 掲載号:2015年8月27日号 エリアトップへ

市民病院 児童が医療現場を体験 超音波メス、MRIなど

社会

掲載号:2015年8月27日号

  • LINE
  • hatena
ただ今オペ中。鶏肉相手に奮闘
ただ今オペ中。鶏肉相手に奮闘

 町田市民病院(近藤直弥院長)は今月1日、小学生を対象に「夏休み子ども病院見学会」を開催した。普段見ることのできない病院の仕事を実際に体験しようと、市内の小学4〜6年生の40人が参加した。

 この見学会は町田市民病院が、子どもたちに医療の現場を体験してもらうことで、医療を身近に考え、地域医療に興味を持ってもらおうと企画した市民講座の一環。当日は90人以上の応募の中から抽選で選ばれた40人の児童が4つのグループに分かれ、手術室、栄養科、放射線科、検査科、薬剤化、看護部、リハビリ科、ME機器センターを順次周り、それぞれ見学や体験を行った。

 手術室では、鶏肉を使い、電気メス・超音波メスやステイプラーという縫合器で実際さながらの手術体験を行った。普段できない経験に緊張の面持ちで「オペ」に臨んだ本町田小5年の桐田朱璃さんは「肉が焼ける臭いが印象的だった。思ったより縫合するのが難しかった」と感想を述べた。

 他にも栄養士やリハビリの仕事をクイズ形式で紹介したり、薬の調合の体験も。また、CTでサバを写し、輪切りや透けて骨だけの姿を見るなど、病院内の仕事を楽しく分かりやすく紹介。児童らは、放射線技師、薬剤師、理学・作業療法士、栄養士など様々な職業の人たちの説明に、真剣に耳を傾けメモを取り、質問を行っていた。「病院には、患者さんが早く元気になるために、医者や看護師だけでなく色々な仕事に携わっている人たちがいます。この体験を通じて、病院での仕事に就きたいと思ってくれれば」と近藤院長は話す。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

対コロナ 補正予算19億

町田市

対コロナ 補正予算19億 社会

支援と経済活性化の両面

4月15日号

町田産葡萄でワインづくり

町田産葡萄でワインづくり 社会

体験型農園スタート

4月15日号

定数4に9氏が名乗り

都議選

定数4に9氏が名乗り 政治

投開票まで3カ月、情勢は

4月8日号

特殊バスで医療サポート

特殊バスで医療サポート 社会

問診や待機場所として提案

4月8日号

地域のものづくりで連携

地域のものづくりで連携 社会

教育や人材育成を目指し

4月1日号

寄付ウエアを橋渡し

FC町田ゼルビア

寄付ウエアを橋渡し 社会

インターン生発案で子どもたちへ

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter