町田版 掲載号:2015年9月17日号 エリアトップへ

作品展を開催する65歳以上の生徒たちにパステル画を指導する 田島 篤さん 能ヶ谷在住 81歳

掲載号:2015年9月17日号

  • LINE
  • hatena

画の奥深さを伝授する

 ○…町田市シルバー人材センターで、65歳以上の生徒を相手にパステル画講座の講師を務めた。その時の生徒が作ったサークルの作品展に参加する。「修了生たちの熱心なプレッシャーに押されてね」と笑顔。会社勤めの時、町田は帰って寝るだけの場所だった。「自分の住む場所なのに何も尽くしていない」と感じ、退職後、同センターに登録。公園除草など、地域のための仕事に精を出す。

 ○…東京・神田生まれ。戦時中に北海道小樽市に引越し、高校卒業まで過ごした。父親は日本画家。物ごころついた頃から、いろいろな絵を描いては褒められ、また展覧会などにもよく選出された。「3人兄弟だけど、僕が一番父親の血を引き継いだかな」。周りの人からも高い評価を受けた。それは大学進学のため上京する際に、古道具屋に買い取られるほど。「何千円だったかで売れたんだ。初めて自分の描いた絵がお金になって、それは驚いた」と振り返る。絵を生業としている現在の出発点だ。

 ○…社会人になり本気で絵画に取り組んだ。勤める会社のグループ展に出展し、何度も入選した。結婚し、子どもが出来てからも出かける先で写生やデッサン、写真に収めて絵を描いた。管理職になり多忙で絵を描けなくなるまで続く。部下の結婚や引越しの度に「持っていかれて、当時の絵は一枚も残っていないよ」と苦笑する。描く絵は様々。パステル画だけでなく、油絵、水彩、アクリル、幅広く何でもやった。水墨画も習わずに描けた。風景画から人物、大学で政治学を学んだこともあり、社会風刺の絵も好んで描いた。

 ○…パステル画は「簡単だが奥が深い」と話す。繊細な色使いに、時には指を使って表現を広げていく。「今教えている人たちはみんな高齢者だけど、私より年下。講師ということもあって、頼りがいを感じてもらえるよう、無理して強がっているよ」と、やりがいを力に変えている。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

市川 展久さん

第55代町田青年会議所理事長に就任した

市川 展久さん

木曽在勤 38歳

1月13日号

石橋 光穂(みつほ)さん

「二十祭まちだ2022」の実行委員長を務める

石橋 光穂(みつほ)さん

小山町出身 20歳

1月6日号

矢舟 テツローさん

市内出身のミュージシャンで、約6年ぶりにアルバムを発表する

矢舟 テツローさん

町田市森野出身 

12月9日号

中坪 亮輔さん

まちだ野菜を市民に届ける株式会社マチコロで代表取締役を務める

中坪 亮輔さん

木曽西在住 20歳

12月2日号

岡 資治さん

創立60周年を迎えた東京町田ロータリークラブの会長を務める

岡 資治さん

旭町在勤 63歳

11月25日号

林 アメリーさん

布のアッサンブラージュ作家で、町田福音キリスト教会で作品展を開く

林 アメリーさん

品川区在住 88歳

11月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

まちだDポータル2021

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月12日~2月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook