町田版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

桜美林学園新キャンパス 人と地域育てる拠点 一般開放し活性化を促進

教育

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena
新キャンパスイメージ図(学園提供)
新キャンパスイメージ図(学園提供)

 学校法人桜美林学園(佐藤東洋士理事長)は10月21日、町田市内に新たな拠点となる「グローカルコミュニティ・ネットワークキャンパス」構想を町田市役所内で発表した。『地域社会に貢献しうる実務的教育の場』として2018年4月ごろに運用を目指す。キャンパスは旧本町田西小学校、本町田中学校跡地を活用する。

 桜美林学園が構想する「グローカルコミュニティ・ネットワークキャンパス」。『グローカリゼーション』とは「地球規模で考えながら、自分の地域で活動する」というもの。教育方針を「常に社会と密接に関連しながら、社会に貢献しうる人材を育成する」とする同学園はこれまで、新キャンパス予定地に隣接する山崎団地で大学ゼミ生を中心に「団地活性化プロジェクト」を行ってきた。地元自治会や団地を運営するUR都市機構と連携し、新たなイベントの企画や運営、そして高齢者と子どもたちのパイプ役として活動。

 ほかの地域でも商店会・企業と協力し地域活性化のため、イベントの創出、人材の提供、知的財産の活用などを行ってきた。

 こういった経験を踏まえて、同団地隣接地にキャンパスができることにより、より活動の幅が広がり、より魅力的な活性化プロジェクトが実現できると期待されている。

また団地の空室を学生寮として借り上げ、居住拠点として活用しつつ、地域全体の活性化に繋げることも検討されている。

学生と住民のネットワーク

 計画では、生涯学習受講生や社会人学生などを含む大学生を中心とした芸術分野における専門知識と技術を身につけられる教育・活動の場として運営を図るともに、地域にも開放し、互いに刺激が受けられる教育の場として活用していく。町田市出身のアーチストのギャラリー提供なども視野に入れている。

市も期待

 同学園と旧小中学校跡地の活用に係る基本協定を締結した町田市は、「文化・芸術・スポーツなどを提供してもらえると思っている。バスのアクセスなど交通の利便性など協力できることは行っていきたい」と話し、多世代交流やまちの魅力の向上、新たな活性化モデルとして期待を寄せている。

 協定は同跡地の50年間の定期借地権、旧校舎の無償譲渡など。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

町田の秋祭り中止相次ぐ

町田の秋祭り中止相次ぐ 教育

昨年に続き開催断念

9月16日号

シングルマザーを支援

市内在住藤原裕子さん

シングルマザーを支援 社会

洋服や鞄など寄付

9月16日号

無限大の魅力を募集

芹ヶ谷公園と周辺地域

無限大の魅力を募集 教育

写真や動画で再発見

9月9日号

フードドライブで地域繋げ

小山・小山ヶ丘

フードドライブで地域繋げ 社会

防災意識の醸成にも

9月9日号

森歩きマップを作成

森歩きマップを作成 教育

真之山ふるさとの森を守る会

9月2日号

コロナ禍でイチオシに

トライアル発注認定

コロナ禍でイチオシに 経済

市内4事業者の4商品

9月2日号

あっとほーむデスク

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月19日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook