町田版 掲載号:2015年11月26日号 エリアトップへ

小野路宿里山交流館 次世代に繋ぐ亀作り 中村勝保さん(92歳)

文化

掲載号:2015年11月26日号

  • LINE
  • hatena
見事な亀を仕上げた中村勝保さん(14日)
見事な亀を仕上げた中村勝保さん(14日)

 小野路宿里山交流館で11月14日、伝統の藁細工による「亀作り」が行われた。市内在住の中村勝保さん(92歳)が参加者に注連縄の技術を伝承し、参加者と一緒に健康と長寿の祈りを込め、「亀」を仕上げた。

 「古来からの伝統を守ろう」「後継者を作ろう」という動きは里山構想で知り合った小野路町周辺住民で広がった。NPO法人日本郷土史研究会(岸芳男代表)が主導し、郷土の歴史と伝統文化を後世に伝えようと講習会を企画。その初回がこのほどの「亀作り」。

 ボランティアで講師として参加したのが中村勝保さん。手、足、口を器用に使いしっかりと亀を締め上げていく。1923年産まれ、92歳の中村さんは「昔は色んな所で作っていて、みんなで編んでいたんだよ」と話す。定年後、小田原の鈴廣(かまぼこ土産店)で偶然目にし、その懐かしさから技術を再び習得した。

 岸代表は「食の欧米化が進む中で、昔から日本人を支えてくれたのが米で、それを創りだす命と言えるものが藁。お米に対する感謝の気持ちを再認識した」と話す。農業の省力化と需要の低下に伴い、以前より見られなくなった藁だが、昔ながらの農法を守る地元住民が持ち寄った。

 「鶴は千年、亀は万年」という言葉から、縁起物として正月などに長寿への祈りを込め、作られ使用されてきた注連縄で作る亀。「本来のこういった縁起物はできたものを買ってくるのでなく、幸せへの祈りを込めて作ってこそというものなんです」と岸代表は説明する。参加者は慣れない作業に苦戦しながらも中村さんに締め方のコツや手順を確認。「懐かしい。歳を重ねてもこうして皆でやると楽しめるっていうシンボルみたいなものだよね」と話していた。

真剣に作業に向かう
真剣に作業に向かう

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

対コロナ 補正予算19億

町田市

対コロナ 補正予算19億 社会

支援と経済活性化の両面

4月15日号

町田産葡萄でワインづくり

町田産葡萄でワインづくり 社会

体験型農園スタート

4月15日号

定数4に9氏が名乗り

都議選

定数4に9氏が名乗り 政治

投開票まで3カ月、情勢は

4月8日号

特殊バスで医療サポート

特殊バスで医療サポート 社会

問診や待機場所として提案

4月8日号

地域のものづくりで連携

地域のものづくりで連携 社会

教育や人材育成を目指し

4月1日号

寄付ウエアを橋渡し

FC町田ゼルビア

寄付ウエアを橋渡し 社会

インターン生発案で子どもたちへ

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter