町田版 掲載号:2016年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

「在宅」「予防(検診・リハビリ)」「栄養学」に尽力 生活基盤の上に成り立つ医療 町田病院 五十子桂祐院長に聞いた

掲載号:2016年1月1日号

  • LINE
  • hatena
五十子桂祐院長は「町田生まれの町田育ち」。地域に根差した医療を目指す
五十子桂祐院長は「町田生まれの町田育ち」。地域に根差した医療を目指す

 「地域医療を守ることは皆様の健康と幸せを守ること」と、地域に根差した医療を行う医療法人社団創生会町田病院(五十子桂祐院長)は各種外来の診療を行いながら急患を随時受け入れる「東京都指定二次救急医療機関」。患者の身近に必要なかかりつけ医と、最先端の医療機器で最良の医療を提供する大学病院などの総合病院をつなぐ、地域になくてはならない存在。そんな町田病院の役割について五十子院長に話を聞いた。

 ―「地域に根差した医療」として力を注いでいる分野はどのようなものですか?

 「在宅医療」の充実を目指しています。「必要時にすぐ入院でき、すぐに帰れる」というのが、地域医療のニーズだと思います。弱った時に的確な治療をしていく。これは患者の近くにあるからできること。生活状況や通院などの距離感を大事にしています。また、治療をしていて、この段階まで来たら専門性の高い大学病院へ、この症状だったら通いやすいクリニックへ、と正に『かかりつけ医と専門医の橋渡し役』を担っています。この病院にくれば安心できると思ってもらいたいですね。

 ―介護職との連携は?

 ケアマネジャーやヘルパーと定期的に意見交換会を行っています。今までは「対患者さん」へのベクトルしかありませんでした。介護職と連携することで、病院と患者さんを「線」で結んでいたのを、「面」で結んで広くカバーできるようになりました。そして「在宅医療」につながっています。これはクリニックでない病院の使命だと思います。

 ―ほかにどのような特徴がありますか?

 大腸や肛門の疾患に対し高度な医療を行っています。医療機器も大学病院と遜色がないほど充実しています。また、元気になって家に帰る人に、また病院に戻ってこないよう、リハビリや「予防」に力を入れています。『栄養学』にも尽力し、医学的だけでなく、生活するための食生活のアドバイスを行うなど、今では(帰る)家や施設での生活を考えたうえで診断、治療にあたっています。そんな「生活基盤の上に成り立つ医療」を、市民を中心に展開しています。

町田病院

町田市木曽東4-21-43

TEL:042-789-0502

http://www.machidahospital.jp/index.html

相続&登記のことならお任せ

遺言、家族信託、成年後見制度、不動産売買、贈与、財産分与など「南町田唯一!」

https://www.sss-office.jp/

<PR>

町田版のピックアップ(PR)最新6

今年最後の「大感謝祭」

今年最後の「大感謝祭」

クリナップ商品が出血大特価 12月28日まで

11月25日号

人形供養祭&大抽選会

永田屋 小さな家族葬ハウス町田木曽 11月21日

人形供養祭&大抽選会

供養料は町田市社会福祉協議会へ寄付

11月11日号

コロナと糖尿病

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

コロナと糖尿病

三成会 新百合ヶ丘総合病院

11月11日号

後々の費用、一切なし4万円〜

納骨でお困りの方に「眞宗寺」の永代供養墓

後々の費用、一切なし4万円〜

生前申込み、改葬代行も可、期限付き「レンタル墓」も新たな選択肢に

11月11日号

秋のウクレレ レッスン会員募集

風が通る換気抜群の音楽スペース

秋のウクレレ レッスン会員募集

カルチャー&カフェ万象房(ばんしょうぼう)

11月4日号

終活「あんしん」の個別相談会

参加費無料・要予約・複数申込み可能

終活「あんしん」の個別相談会

11/17 町田パリオ4階パリオフィールド

10月28日号

浄運寺 一般墓苑&樹木葬墓地

墓石付き完成墓地100万円~、樹木葬33万円~☎0120・514194

http://www.514194.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月25日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook