町田版 掲載号:2016年1月21日号 エリアトップへ

東京都町田市倫理法人会の新会長に就任した 矢沢 直樹さん 三輪緑山在住 53歳

掲載号:2016年1月21日号

  • LINE
  • hatena

身近な人を大切にすることで

 ○…「会社も人生と同じでいい時もあれば悪い時もあるもの」。同会で深く学んだ倫理は自身の会社経営の基盤を一層強固にしたという。「コンサルが西洋医学ならば、倫理は漢方。経営にもじっくりと効いてきます」。現在の会員は86社。関係者の家族や一般のセミナー参加者も増え、拡がりを見せる同会のビジョンを「ぜひ在任中に100社を達成できたら」と意気込む。

 ○…代表を務める会社は今年で30期目。経営するスポーツクラブの休館日には自ら床を磨き、WAXをかける。「僕のビジネスは地域の人があってのもの。普通のことです」。理念の一つが「身近にいる人たちと素晴らしい関係を築き、明るい家庭を創る」こと。「社員にも家族を大切にしなさいとは言っています。多くの人にとって、『家族の幸せ』というのが一番のモチベーションになると思う」

 ○…「年長者の方にはよく真っ直ぐ生きてきたなとからかわれますよ」。自身のルーツとなっているのが『家』だ。名家の16代目に産まれ、「幸せだった」と振り返る幼少期は6歳の頃、一変した。父を病気で亡くし、母が再婚。家業は徐々に縮小し、衝突の続く家庭環境に悩み続ける青年期を送った。そんな自分を救ってくれたのが『スポーツ』。中学ではサッカー、高校ではラグビーに打ち込み「家以外の唯一の居場所で気を晴らすことができたのが救い」と振り返る。スポーツ事業をはじめたのはビジネスの側面だけでなく「多くの人の居場所を作りたい」との想いから。「家族の幸せに貢献すること。これが僕の理念です」

 ○…現在のバイブルは『論語』。3人の娘さんに恵まれ、充実した日々を過ごす。経営者としての今後については「周りの人、一人ひとりの幸せからその家族、地域、やがては社会の幸せに繋がるはず」とビジョンを語る。「僕自身もまだまだ。恥ずかしくない”徳”を持った生き方ができるよう勉強の毎日です」

町田版の人物風土記最新6

福島 章恭(あきやす)さん

指揮者として4月17日に杜のホール橋本(相模原)でコンサートを開く

福島 章恭(あきやす)さん

成瀬が丘在住 58歳

4月8日号

庄司 光里(みさと)さん

4月5日(月)まで町田パリオで木版画展を開く

庄司 光里(みさと)さん

成瀬在住 46歳 

4月1日号

毛利 元亮(げんすけ)さん

Fリーグでチーム(ペスカドーラ町田)初の新人賞を獲得した

毛利 元亮(げんすけ)さん

茅ヶ崎市在住 19歳

3月25日号

永井 ゆずりさん

草木染や藍染作家として市内の古民家で初めての展示会を開く

永井 ゆずりさん

 鶴川在住 

3月18日号

大塚 治之さん

「ズーラシアンブラス」の生みの親

大塚 治之さん

町田市在住 59歳

3月11日号

高野(こうの) 菜々さん

令和2年度文化庁芸術祭賞の演劇部門新人賞を受賞した

高野(こうの) 菜々さん

 都内在住 31歳 

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク