町田版 掲載号:2016年1月21日号 エリアトップへ

(PR)

継続ラグビーで全国準V 桐蔭学園高 2年ぶり「花園」で躍動

掲載号:2016年1月21日号

  • LINE
  • hatena
前半24分、相手防御を突破しトライを奪ったCTB齊藤
前半24分、相手防御を突破しトライを奪ったCTB齊藤

 第95回全国高校ラグビーフットボール大会に神奈川代表として出場した桐蔭学園高校=青葉区鉄町=が1月11日、大阪府の東大阪市花園ラグビー場で行われた決勝戦で東海大付属仰星高校(大阪第一代表)に31―37の僅差で敗れ、初の単独優勝を逃した。2年ぶり4度目の準優勝。

 2年前の同大会と同じ顔合わせとなった決勝。前回の対戦で、14―19と惜敗を喫した因縁のライバル・東海大仰星は、大阪代表。完全アウェーの雰囲気の中、齋藤直人主将(3年)を中心に自分たちの強みである継続ラグビーを展開し、最後まで戦い抜いた。

 前半3分に先制トライを許すなど序盤は我慢の時間が続いたが、徐々にペースを掴むと前半20分に左ラインアウトからFWがサイド攻撃を仕掛け、最後はプロップの石田楽人(3年)が左中間に体をねじ込みトライ。流れを引き寄せた桐蔭学園は4分後、攻撃を18回続けて相手防御を翻弄し、センターの齊藤大朗(2年)が逆転トライを奪った。その後1トライを返され、2点差で前半を終える。

 後半、守備システムを変更した東海大仰星を攻めあぐね、逆に失点を重ねてしまった桐蔭学園。15点差となった後半26分、15人が一体となった攻撃で再び石田が右中間に潜り込みトライ。齋藤主将のゴールも決まり、8点差に迫った。しかし、後半28分に東海大仰星にトライを奪われ、点差は13点。残り時間を考えると、逆転は難しい状況に。

「らしさ」出し切る

 この時、齋藤主将は円陣を組み全員に呼びかけた。「ボールを大事にしてトライを取って終わろう。今できることをやりきろう」

 ロスタイムになり、プレーが切れれば試合終了という状況の中、時間にして3分以上、28回に及ぶ連続攻撃を仕掛け、最後は石田がインゴールに飛び込んでトライ。「自分たちの強みをしっかり出すことができた」と力強い走りで何度も相手守備を崩したプロップの高北卓弥(3年)は振り返る。齋藤主将のゴールも決まり、6点差。ノーサイドの笛が鳴り響いた。

 「ここでは圧倒的な力をつけなければ勝たせてもらえない」と藤原秀之監督。最後まで仲間を鼓舞し続けた齋藤主将は涙を拭い、言葉を絞り出す。「たった一つのミスでもトライにつなげられてしまう。そこを意識して取り組んでほしい」。頂点を目指す戦いは、後輩たちに引き継がれた。
toin_t03_0122.jpg
準優勝を果たしたメンバー

a000525051_13.jpg
3トライと活躍したPR石田

toin03_4_0121.jpg

学校法人桐蔭学園

横浜市青葉区鉄町1614

TEL:045-971-1411

http://toin.ac.jp/

町田版のピックアップ(PR)最新6

子どものスポーツ施設始動

本日4月15日(木)

子どものスポーツ施設始動

リトルジャンボ町田

4月15日号

喫煙と呼吸器疾患

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

喫煙と呼吸器疾患

三成会 新百合ヶ丘総合病院

4月8日号

病気になる前に総合的に診断

病気になる前に総合的に診断

成瀬駅すぐ 未病総合治療院

4月1日号

春のウクレレ レッスン会員募集

風が通る換気抜群の音楽スペース

春のウクレレ レッスン会員募集

カルチャー&カフェ万象房(ばんしょうぼう)

3月25日号

終活「あんしん」の個別相談会

参加費無料・要予約・複数申込み可能

終活「あんしん」の個別相談会

4/9 町田パリオ4階パリオフィールド

3月25日号

日本人1割が潜在患者「下肢静脈瘤」

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter