町田版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

産学共同で「地域に感動を」 チョークで描く「春」 桜美林大と小田急百貨店がコラボ

教育

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena
チョークのみで緻密な絵を描いていく
チョークのみで緻密な絵を描いていく

 学生が描いた『黒板アート』が、デパートの店舗や商品に彩りを添える―。

 小田急百貨店町田店では現在、桜美林大学芸術文化学群造形デザイン専修の学生有志8人による黒板アートの制作が行われている。これは同店の開店40周年記念プロモーションの一環で、「卒業」「入学」「新生活」など、春を象徴する印象的なシーンを描いたアート作品計6点を、関連する商品とともに展示するというもの。展示は3月2日(水)〜15日(火)の期間。

 同店ではこれまでにも地域・産学連携で商品開発やイベントなどの連携を図ってきた。今回は多くの人に共感してもらえるテーマを効果的に表現する手法として「黒板アート」を採用した。同店は「全国の百貨店でも珍しく、顧客や周辺を通行する人々の関心を集めそう」と期待を寄せる。

 学生が描くデジタルにはない、手書きで温かみのある1・8m×3・6mの大型「黒板アート」。3月のディスプレー展示に先駆け、2月15日までの制作期間中は、店頭で作品を制作する様子が一般に公開される。

 学生は「本格的な黒板アートは初めて。楽しみながら真剣に取り組みたい」と話している。

プロジェクターで映した下絵を元に
プロジェクターで映した下絵を元に

町田版のローカルニュース最新6

秋のダリア味わうツアー

"ワクワク"を表現

"ワクワク"を表現 文化

学童保育クラブ絵画作品展

10月14日号

特殊詐欺、急増

特殊詐欺、急増 社会

前年同期比 46件増

10月14日号

2年ぶりの開催に沸く

町田市民文化祭

2年ぶりの開催に沸く 文化

豊かな出会いに感謝し

10月14日号

グラウンド吹矢に挑戦

グラウンド吹矢に挑戦 スポーツ

10月17日、スタジアムで

10月14日号

「じもと飯」集め飲食店応援

「じもと飯」集め飲食店応援 社会

城南信金市内5支店

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook