町田版 掲載号:2016年3月10日号 エリアトップへ

町田商工会議所 消費者需要動向を報告 「機会多いが客単価低い」

経済

掲載号:2016年3月10日号

  • LINE
  • hatena
坂田淳一准教授の報告を熱心に聞く事業主ら(2月29日)
坂田淳一准教授の報告を熱心に聞く事業主ら(2月29日)

 町田商工会議所(深澤勝会頭)は1月、スマートフォン利用者を対象に若者から高齢者まで幅広い層の地域消費者に対する需要動向を調査した。そこから、消費者が求めるものは「安さ」や「品質」であり、過度なサービスは期待していないということが分かった。また国道16号沿線の大型店など隣接市への消費流失の実態も明らかになった。

 今回の調査にはデータ分析を専門とする桜美林大学ビジネスマネジメント学群の坂田淳一准教授が協力。調査は1月13日から20日までの1週間実施。対象者は町田市、相模原市南区、相模原市中央区の合計1272件(男性59・4%、女性40・6%)。より実践的なデータを取るために年代や世帯年収帯も細かく分類し、隣接市へも調査範囲を広げた。調査内容は42項目にもわたり、商品・店舗も13種類の項目を用意した。

 取得した膨大なデータから町田の消費実態は「1カ月に消費する金額は2万円以下」「週に2・3回買い物に出かける」と導き出された。坂田氏は「よく買い物をするが値段を吟味しているということがわかる」と指摘する。

 よく行く飲食店の1位はチェーン店のガスト。小売店では地元スーパーの「三和」が他社を圧倒している。「所得が高くてもチェーン店を利用している。これは個人商店にとって厳しい結果。またコンビニを制して三和が1位になるのは町田ならでは。2位にデパートの小田急百貨店が来るのもアンバランスで面白い」と坂田氏。チェーン店が好まれる理由は「均一に味や品物が提供され安心感がある」などが挙げられるという。

 また商品別では、ケーキ、靴、家電などが価格よりも『品質』を求められ、クリーニング、子供服は圧倒的に『価格』を問われる結果になった。坂田氏は「1に価格、2に質や味、3番目にサービスが来るとわかった。過度なサービスでお客様満足度を与えるより、適正価格の認識を徹底する必要がある」と指摘し、「この結果からご自身の事業に役立てて頂ければ」と話す。

町田版のトップニュース最新6

まちだ感謝祭を初企画

FC町田ゼルビア

まちだ感謝祭を初企画 スポーツ

5月15日、「家族」テーマに

5月12日号

約20年ぶり、茶室に「息吹」

鶴川虚心亭

約20年ぶり、茶室に「息吹」 文化

「文化遺産に」2年かけ整備

5月12日号

3年ぶり、初の5月開催

フェスタまちだ

3年ぶり、初の5月開催 文化

中心市街地活性化 目指す

5月5日号

4度目のデフリンピック

本町田在住山中選手

4度目のデフリンピック スポーツ

マラソンと1万mに出場

5月5日号

商店街のデジタル化支援

東京都

商店街のデジタル化支援 経済

上限1千万円 10分の9補助

4月28日号

6人目の名誉市民に

推理作家森村誠一氏

6人目の名誉市民に 文化

市内在住 文化発展に貢献

4月28日号

「終活」なるほど教室開催中

葬儀現場のプロが詳しく解説!最新の家族葬・一日葬・直葬について

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月24日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook