町田版 掲載号:2016年7月7日号 エリアトップへ

育児用品をリユース 無料で回収&配布

社会

掲載号:2016年7月7日号

  • LINE
  • hatena

 子育て世帯を応援し、ごみの減量と資源化を実現しようと町田市は、「子育て用品リユース事業」を展開する。成長に合わせて必要となる子育て用品を、子育てが終わった世帯から必要な世帯につなげる事業を目指す。

 成長に合わせて購入するものの時期が過ぎてしまうと不要となってしまう子育て(育児)用品を、不要になった世帯から必要な世帯で活用してもらおうと3R推進課が企画したもの。

 受け渡し方法は、回収日と配布日を設け、不要となった世帯が回収日に子育て用品を無料で提供。必要な世帯は配布日に無料配布される。

 第1回となる無料回収は7月11日(月)、15日(金)、17日(日)。子どもセンターつるっこ(町田市大蔵町1913)で午前11時〜午後3時で行われる。この3日間は、不要になった子育て用品を無料で回収してくれる。そして必要とする世帯に対し、9月に無料配布イベントが予定されている。

 回収できるものは子ども服、子ども用のバッグ・帽子・靴(小学生くらいまで)、子ども向けの本・絵本・DVD、ベビーベッド、歩行器、ベビーカー、チャイルドシート、乳幼児用ハイチェア・いす、乳幼児用移動防止柵。一方、回収できないものは、おもちゃ全般、ぬいぐるみ、遊具(三輪車以外のブランコ・滑り台など)、直接口に触れるもの(哺乳瓶など)、直接肌に触れるもの(肌着など)、布団類、子ども用食器、衛生上リユースすることが望ましくないもの(おまるなど)。また汚れがひどいもの、破損しているもの回収できない。

 持込み者は町田市住民者限定(受付で本人確認あり)。大量に提供したいなどの場合は別途相談あり。詳しくは町田市3R推進課【電話】042・797・0530へ。

町田版のトップニュース最新6

コロナ対策に22億

町田市議会

コロナ対策に22億 社会

国の第3次補正予算を活用

2月25日号

共に闘うこと誓う

FC町田ゼルビア

共に闘うこと誓う 社会

開幕戦は2月28日

2月25日号

管理施設が一新

町田かたかごの森

管理施設が一新 社会

開園はHPでお知らせ

2月18日号

南多摩エリアの情勢は

衆院選

南多摩エリアの情勢は 政治

時期次第で都議選影響も

2月18日号

子育て世代を応援

市内出版社

子育て世代を応援 社会

本を通じて言葉を贈る

2月11日号

偉業達成に喜び2倍

ぺスカドーラ町田

偉業達成に喜び2倍 スポーツ

同郷のふたりが大記録

2月11日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク