町田版 掲載号:2016年7月14日号 エリアトップへ

児童らが カルタで俳句 お勉強 日本郷土史家協会「町田を文化都市に」

文化

掲載号:2016年7月14日号

  • LINE
  • hatena
「はい!」白熱したカルタ取り合戦
「はい!」白熱したカルタ取り合戦

 町田市金井の駄菓子屋さんの駐車場で、俳句の「五・七・五」が詠まれると、「はい!」という児童の元気な掛け声と同時に机を叩く音が響き渡った―。

 「ころがして/パパと作った/雪だるま」など、全国の小学生が創作した俳句が書かれている『どんぐり俳句かるた』を使ったカルタ大会が6日、近隣の小学生を対象に行われた。このカルタは地元の出版社、(株)芳文館の社長・岸芳男さんが事務局長を務めるNPO日本郷土史家協会が企画・制作したもので、同協会と岸さんが所属していた町田法友会が主催となり、今回初めてカルタ大会を開催した。

 カルタに書かれた俳句は全て同協会が行った全国俳句大会で入選した作品。取り札の裏面に読み札と同じ俳句が記されており、季語の説明も。表面には、かしのき山自然公園愛護会工作部によるどんぐりや木材を使った虫や動物の工作写真が載っている。

 岸さんは「俳句には季語が必要です。動植物、魚介類、身の回りにある自然は何でも季語になります。子どもたちに単なる遊びではなく、俳句の勉強ともに、カルタを通じて郷土のありがたさ、自然の大切さなどを見直してほしいと思い創りました」と話す。

 参加した児童は「季語を教えてもらえて勉強になった」「同じ小学生が作ったなんてびっくり」と話していた。児童らには参加賞として俳句入門の冊子がプレゼントされた。

カルタを手にする岸芳男事務局長
カルタを手にする岸芳男事務局長

町田版のローカルニュース最新6

独留学の腕前披露

独留学の腕前披露 文化

初のソロリサイタル

1月21日号

駅前を華やかに

ペデストリアンデッキに装飾

駅前を華やかに 文化

1月21日号

吹奏楽部の熱い思いを募集

地元音響機器メーカー

吹奏楽部の熱い思いを募集 文化

オンライン配信をサポート

1月21日号

町田ゼルビア、新ユニ&背番号が決定

【Web限定記事】2021シーズン

町田ゼルビア、新ユニ&背番号が決定 スポーツ

1月21日号

「心の強い子に育てる」オンラインセミナーを開催

国際版画美術館で20年度の新収蔵作品展

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク