町田版 掲載号:2016年7月28日号 エリアトップへ

ことばらんどに妖怪現る 町田に伝わる数々も

文化

掲載号:2016年7月28日号

  • LINE
  • hatena

 江戸時代の絵巻から昭和の「ゲゲゲの鬼太郎」など、いつの時代にも「妖怪」は人々の身近にいて、怖がられ、かつ愛されてきた。そして「妖怪ウォッチ」の大ブームから再び脚光を浴びている。町田市民文学館ことばらんどでは現在、「妖怪がいた!〜ここにも、そこにも、町田にも〜」展を開催中。約2年前から準備が進められてきた同館の10周年記念企画によるもので、文学と美術の両面から「妖怪」の魅力を紹介している。

 「川に近づくと危ないよ」、「一人で遅くまで遊んでいると、誰かにさらわれちゃうよ」など、妖怪は、恐怖を伝える怖い異形のものとして物語に登場している。同展では、百鬼夜行絵巻から絵本の原画、フィギュアなどあらゆる妖怪ものが展示されている。

 「小山田町の河童」や「図師町のあずきあらい」、「矢部町の天狗」や「山崎町の狐火」など町田の伝承も紹介、大量の過去の文献から妖怪が記述されている部分を読み取り、その出現場所を地図にして表している。「曾おじいさんが天狗にさらわれた」と言い伝えられている地区もあるという。

 また、数人で集まり、夜通し不思議な話を披露していき、百話目を話し終えると不思議な出来事が起こる「百物語怪談」。その会場となった部屋の再現も。「キャラクター化されているものが多い中、このスポットは怖いです」と担当者。

 夏休みの子どもたちに向け、妖怪クイズを開催。展示物の中に答えがあり、「子どもたちがクイズシートを持ってまわって楽しんてくれています」。

 大人向け講演会も企画。8月27日(土)午後2時〜4時は安村敏信氏による「笑う妖怪、泣く幽霊」を開催。9月10日(土)午後2時〜4時は、東雅夫氏の「百鬼夜行vs百物語!?〜妖怪と怪談の文学史から」を開催する。いずれも定員80人、申込みは町田市イベントダイヤル【電話】042・724・5656へ。

町田版のトップニュース最新6

全員一致で請願採択

市立小中学校のオンライン授業

全員一致で請願採択 教育

新たな学習に期待

1月21日号

無償で提供 希望団体募る

感染対策物資

無償で提供 希望団体募る 社会

福祉レストランフレンズ

1月21日号

新企画考え門出祝う

二十祭まちだ

新企画考え門出祝う 社会

オンラインとSNS活用

1月14日号

車両規制し影響調査

町田市中活協

車両規制し影響調査 社会

原町田中央通り・大通り

1月14日号

東京2020 希望の光に

東京2020 希望の光に 政治

都知事インタビュー

1月7日号

健康を保つ口腔ケアを

町田市歯科医師会

健康を保つ口腔ケアを 社会

認知症予防にも

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク