町田版 掲載号:2016年11月3日号 エリアトップへ

スポーツで交流深める パプアニューギニアと友好会設立

社会

掲載号:2016年11月3日号

  • LINE
  • hatena
設立総会を終えて
設立総会を終えて

 スポーツを通じて日本とパプアニューギニアとの交流を深めようと10月27日、日本パプアニューギニアスポーツ友好会の設立総会がベストウェスタンレンブラントホテル東京町田で行われた。

 この友好会は町田市内の有志が呼びかけて結成したもので、発起人は(株)鈴木瓦店を経営する志村容一氏。志村氏が所属している東京町田クレインライオンズでは、同国に対し小学校の建設や文房具の提供など長年にわたり支援し続けている。志村氏もこのプロジェクト立ち上げから参加し、その後も毎年、同国を訪れて交流を深めている。

 友好会の構想は2年ほど前から。同国の学生らに技術を学んでもらおうと日本に招き職業体験を実施。学生らは日本で学べることを大変喜び、同国からも引き続き受け入れ要請もあり翌年も計画したが、就労ビザなどの関係で受け入れできなかった。そこで、スポーツを通じて交流できないかと今年2月に現地でマラソン大会を開催。上位2人は4月に町田市内で行われた武相マラソンに出場した。

 「素晴らしい成績を残せたわけではないけど、日本の文化や生活をとても楽しんでくれた。こういった交流を続けていきたいと思い、友好会設立を呼び掛けました」と話す。

 設立総会にはパプアニューギニア駐日大使のガルリエル・ドゥサバ全権大使や町田商工会議所の深澤勝会頭、町田市観光コンベンション協会の清水行雄副会長などが列席し、役員選出や事業計画などが承認された。初代会長には志村容一氏が就任し、26人が理事など役員に就いた。

 来年も現地でのマラソン大会の開催、武相マラソンへの出場などが計画されている。「多くの人の手を借りてスタートすることができました。今後はマラソンだけでなく、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでのキャンプ地招致なども視野に入れていきたい。教育、スポーツ、経済など両国の交流に力を注いでいきたい」と志村会長。

町田版のトップニュース最新6

「共生」テーマに全国繋ぎ

まちだDサミット

「共生」テーマに全国繋ぎ 社会

認知症とともに生きる

12月2日号

地場野菜、食べよう

町田市

地場野菜、食べよう 経済

購入・配送サービス「マチコロ」

12月2日号

初のeスポーツ大会開く

町田工業高校

初のeスポーツ大会開く 教育

中学生に自校をアピール

11月25日号

賑わい求めて実験開始

町田市中心市街地

賑わい求めて実験開始 社会

2つの通りで1カ月間

11月25日号

まちカフェ活性の一助に

学生おうえん隊

まちカフェ活性の一助に 文化

ネット整備などで活躍

11月18日号

文化庁から功労者表彰

三ツ目囃子振興会

文化庁から功労者表彰 文化

金井獅子舞は都から受賞

11月18日号

相続&登記のことならお任せ

遺言、家族信託、成年後見制度、不動産売買、贈与、財産分与など「南町田唯一!」

https://www.sss-office.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook