町田版 掲載号:2017年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

町田胃腸病院 眼科より【5】 緑内障2回目 視野検査について 医療法人社団 史世会

眼科 早川賢治部長
眼科 早川賢治部長
 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 さて、患者さんに緑内障のイメージを質問すると《失明する怖い病気》との答えがよく出てきますが、日本人で最も多い病型である正常眼圧緑内障の場合は急に失明することはありません。

 このタイプの緑内障は極めてゆっくりと視野欠損が進行するために、緑内障の治療をしていても定期的に視野検査をして、進行傾向にあるのか把握することが重要です。

 視野検査で急激に変化はなくても3年前、5年前と比べると視野障害が進行しているのが分かるケースがあるからです。

 視野検査は中心の視野を詳細に検査する方法と全体的な視野を測定する方法があり、視野障害の程度にもよりますが、両方とも検査する方が良いです。

 当院は視能訓練士という眼科検査の専門職員が視野検査を行っております。緑内障、視野検査のことで相談があれば当院にご連絡下さい。

町田胃腸病院

町田市旭町1-17-21

TEL:042-726-6511

http://machida-ichou.com

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のピックアップ(PR)最新6件

いま要注目の「集合墓」

「空家の実家」どうする?

好評につき第30回

「空家の実家」どうする?

2月15日号

ローズガーデンがオープン

人気の樹木葬墓地に新たな名所

ローズガーデンがオープン

2月15日号

世界レベルで進む がん研究

2月25日(日) がん対策講演会(in町田)

世界レベルで進む がん研究

2月15日号

プレスクール3クラス募集開始

未就園児のための

プレスクール3クラス募集開始

2月8日号

「下肢静脈瘤、気づいて」

脚のむくみ、だるさが兆候

「下肢静脈瘤、気づいて」

2月8日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク