町田版 掲載号:2017年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

今季、なでしこリーグ1部に参入するノジマステラ神奈川相模原を監督として率いる 菅野将晃(かんのまさあき)さん 市内在住 56歳

ステラを導く情熱の志士

 ○…2012年のチーム創設から5季目の昨年、「県内初のなでしこリーグ1部昇格」という悲願を成就。クラブ関係者、サポーターにとどまらず、相模原市全体に歓喜をもたらしたチームの躍動は記憶に新しい。一方で、「1部で戦ったり優勝したりすることが最大の目標ではない」とし、「下部組織やスクールなどを含めた活動を通じ、日本女子サッカー界を盛り上げるクラブになることが一番の成功」と、未来を見すえる。

 ○…横浜市南区出身。情緒溢れる下町で3人兄弟の末っ子として育つ。運動好きで、「(漫画)『ハリスの旋風』の主人公のようなスポーツ万能に憧れた」。幼少は野球少年で、サッカーに専念したのは中学3年の頃。素質を見込まれ進んだ旭高校で全国の舞台を踏み、古河電工サッカー部へ。Jリーグで活躍後、指導者となりJチーム監督・コーチを歴任。率いた東京電力女子サッカー部マリーゼが東日本大震災の影響で休部となり、ステラへと誘われた。

 ○…進学、就職、現役続行…。都度、訪れた人生の分岐点では、常に険しい道を選んできた。岐路に立つたび、そこにはサッカーに対し情熱的で魅力的な指導者の存在があり、決断を支えた。そして、最後には必ず自分で決めてきた。「それが成功への思いを強くし、原動力となる」。自身も指導者となった今、貪欲にサッカーを追求。国内外の練習視察で着想し、よりよい練習を発案する。サッカーとしっかり向き合うことを体現し、高い壁に挑む選手たちの指針となっている。

 ○…サッカーに情熱を注ぐ日常から一転、休日は大好きな風呂に浸かり、得意のボウリングで自身のハイスコア(263点)と向き合い、ショッピングモールで買い物に興じる。映画好きで、しばしば劇場へも足を運ぶ。取材時に「ここに一杯あれば饒舌になるよ」と冗談を飛ばす上戸でもある。市民の期待を一身に背負う選手たちを鼓舞し今年、さらなる飛躍をめざす。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク