町田版 掲載号:2017年3月30日号 エリアトップへ

とつかソングコンテストでグランプリを受賞した 伊与木 一彦さん 町田市在住 48歳

掲載号:2017年3月30日号

  • LINE
  • hatena

音楽人としてリスタート

 ○…音楽の街とつかのテーマソングを決める「とつかソングコンテスト」でグランプリを受賞。「つかと、つかと、つかと〜」を繰り返すうちに「とつか」に聞こえるという言葉遊びを取り入れ、子どもから高齢者まで、みんなが歌いやすい曲に仕上げた。「先に曲、歌詞は普段の生活に寄り添った感じで。ピアノの弾き語り曲にしては演奏が非常に難しいものになってしまいましたが、完成度は我ながら高いと感じた」と話す。

 ○…当日は会場に普段、ライブ会場などに顔を出さない妻の姿も。「本当にめずらしく来ていた。帰宅後に言われた感想は、『ちゃんとしていた』の一言。妻らしいドライなものでしたけど」と笑う。高校時代から音楽活動をはじめ、3年生で出場したコンテストの結果に「音楽で生きていこう」と決意。大学へ進学し在学中、卒業後もアルバイトをしながらバンドを続け、プロのバックバンドのメンバーとして活動していたこともあるという。

 ○…小学生から40歳までを戸塚区で過ごす。中学生時代はプロを目指し野球部で汗を流すが、高校からは部活仲間とバンド活動を始める。「野球選手になりたかったけれど、中学3年間を補欠で過ごしたので、もういいかなって。何か野球じゃないことをやってみたかったし、オフコースやアルフィーの歌を聴くのが好きだったので」。また幼少期から母親にピアノを習い、中学入学まで1日30分の練習を欠かさなかったことも音楽の道にスムーズに進んだ理由の一つとして挙げる。

 ○…この春からサラリーマンとの二足のわらじ生活を辞め、音楽人としてのリスタートを決意。「これからは子育てと音楽活動に集中して頑張る。見るもの、触れるもの、耳にするもの全てを音符に変えて大きなことは狙わず、自分の音楽を多くの人に淡々と届けていきたい」。今コンテストの結果は、自らの選んだその行き先に花を添える幸先の良いものになったようだ。

町田版の人物風土記最新6

園田 恵一さん

自然教室を開く「まちだネイチャーゲームの会」の代表を務める

園田 恵一さん

小川在住 60歳 

10月22日号

黒岩 まゆさん

町田パリオで開かれる「パリコレッ!芸術祭2020」に参加する現代美術家の

黒岩 まゆさん

相模原市在住 36歳

10月15日号

石橋 佑一郎さん

町田シバヒロのイベントで木版画のワークショップを行う

石橋 佑一郎さん

小山町在住 34歳

10月8日号

紙谷 正人さん

アメリカ発祥のラケットスポーツ「ピックルボール」の普及に努める

紙谷 正人さん

横浜市在住 41歳 

10月1日号

東田 修一さん

警視庁町田警察署長に就任した

東田 修一さん

警視正 56歳

9月24日号

渡辺 有一さん

町田市民文学館で9月29日から絵本の原画を展示する

渡辺 有一さん

市内在住 77歳

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

町田の民権家を知る機会

町田の民権家を知る機会

自由民権資料館

10月24日~3月28日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク