町田版 掲載号:2017年4月13日号 エリアトップへ

(PR)

快適な暮らしを応援します 町田シビック綜合法律事務所・草道倫武所長

掲載号:2017年4月13日号

  • LINE
  • hatena
草道倫武所長(第一東京弁護士会所属)
草道倫武所長(第一東京弁護士会所属)

 「法律事務所なんて生活に関係ないわ」と考えられている方が大半。でも「いざ」という時に、信頼できる法律事務所を知っていることは充実した生活を送るために欠かせません。土日・夜間でも相談できる『町田シビック綜合法律事務所』の草道倫武所長に話を聞いた。

 同法律事務所は、多摩地区の法的サービスの充実を図るために、第一東京弁護士会の支援・協力のもと2009年に都市型公設事務所として開設した「町田シビック法律事務所」が前身。

 ――開設当初はどのような役目を担っていましたか。

 「はい。開設当時、多摩地区は都心部と比べて人口比で弁護士数が少ないという現状があり、それを少しでも解消することが設立の目的のひとつとして掲げられました」

 ――多摩地区の現状はどうなのですか。

 「開設後、当事務所から、多摩地区を中心に、他の地方にも弁護士を送り出し、微力ながら弁護士数の緩和に貢献させていただきました。その結果、2016年3月末日をもちまして、都市型公設事務所としての役割は終了することとなりました」

 ――今ではどのような役割を果たしていますか。

 「2016年4月1日、同じ場所にて『町田シビック綜合法律事務所』として新たにスタートしています。これまでどおり、市民の方々がなるべく利用しやすいように、ご予約をいただければ、平日夜間や土曜日・日曜日の法律相談にも対応しております。また市民の方々が弁護士に相談する際にできるかぎり不安を感じないように、問い合わせに対して丁寧な対応を目指していきたいと思っております」

 ――どのような相談を取り扱っていますか。

 「金銭に関するトラブルや交通事故、近隣トラブルといった一般民事事件はもちろん、債務整理、DV・離婚、相続、成年後見、刑事事件など幅広く取り扱っています」

 ――どのような相談が多いですか。

 「最近は認知症などに伴う成年後見人についての相談が多いですね。ご家族の生活と財産を守ろうと心配している方が多いです」

 ――読者の方にメッセージはありますか。

 「現在、スタッフは6人で、女性の弁護士も在籍しています。困りごとが深刻化する前にぜひお気軽にご相談ください」

町田シビック法律事務所

町田シビック綜合法律相談事務所

TEL:042-727-8726

http://kusamichi-lawoffice.com/index.php

町田版のピックアップ(PR)最新6

ランチ全メニュー5%オフ

桜美林ガーデンヒルズ「サクラれすとらん」

ランチ全メニュー5%オフ

桜美林大学野球部 応援感謝イベント

6月17日号

どこからでも参加できる「オンライン型」・大学を肌で感じる「来学型」で開催

「ご訪問にてご相談承ります」

スマホへの切り替え、機種変更

「ご訪問にてご相談承ります」

市内ドコモショップ4店舗

6月10日号

PET検査とは?

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

PET検査とは?

三成会 新百合ヶ丘総合病院

6月10日号

相続対策・遺言・不動産活用 個別相談会

税理士・三菱UFJ信託銀行が相続の不安や心配を解決 参加無料

相続対策・遺言・不動産活用 個別相談会

6月13日・14日 町田市文化交流センター

6月3日号

ウェディング撮影無料

ウェディング撮影無料

フォトスタジオプリンセス町田

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter