町田版 掲載号:2017年4月27日号 エリアトップへ

町田市 野菜摂取のレシピ開発 地元産使い 冊子発行

社会

掲載号:2017年4月27日号

  • LINE
  • hatena
旬の野菜を使ったメニュー20種類を掲載
旬の野菜を使ったメニュー20種類を掲載

 町田市はこのほど、効果的に野菜を市民が摂取できるように冊子「野菜を食べやすくする!野菜料理レシピ集」を発行した。地元で採れる野菜を使ったレシピ集で「簡単」「手間いらず」なメニュー20種類を掲載している。

 町田市では2012年に食育推進計画づくりに関する市民向けのアンケートを行い、その結果、市民の一日の野菜摂取量が約250gだということを把握。国が健康増進のために定めた「健康日本21」では一日の野菜摂取量目標が350g以上に対して市民の摂取量が少なかったことを受けて、冊子ではあと100gプラスできるようなメニューを掲載した。

 冊子には材料や作り方のほか、アレンジ方法、栄養量、栄養成分表示の見方なども記載しているので、料理が苦手な人やレパートリーを増やしたい人など好みに合ったアレンジメニューも手軽に作ることができるように工夫している。

 メニューを開発した「町田栄養・食生活ネットワーク会議」では、野菜が摂れない原因として考えられる「調理に手間がかかる」「朝食に野菜料理を入れにくい」などの課題を解決するため、5分〜15分でできる簡単で手間いらずのレシピを考えた。同会議は市内の幼稚園、小中学校、高校・大学のほか病院や高齢者施設、栄養士会などで組織され、実際に提供しているメニューも今回の冊子に掲載しているという。材料に使っている野菜はすべて町田市内で入手できるものを選んだ。

 冊子はA5版32ページ。町田市役所や保健所、健康福祉会館、市内のアグリハウス(JA)で配布している。発行部数1万部。また掲載しているレシピは町田市のホームページ(www.city.machida.tokyo.jp/)でも公開している。
 

町田版のトップニュース最新6

ラポール千寿閣が閉館

57年の歴史に幕

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で苦慮 8月末で

6月10日号

テイクアウトマップ作成

栄通り商店会

テイクアウトマップ作成 社会

会員の飲食店を応援

6月10日号

エジソンメダルを受賞

町田市在住伊賀健一氏

エジソンメダルを受賞 社会

日本人では3人目の偉業

6月3日号

地域の介護 支えて10年

町田市介護人材開発センター

地域の介護 支えて10年 社会

人材の確保と育成に尽力

6月3日号

東京五輪代表に内定

女子体操畠田瞳さん

東京五輪代表に内定 スポーツ

大舞台での活躍誓う

5月27日号

受賞レシピを給食に

食育推進

受賞レシピを給食に 社会

真光寺中の田嶋さん考案

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter