町田版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

鶴川中学70周年 30年ぶりカプセル開封 卒業生に式典呼びかけ

教育

掘り出されたタイムカプセル(写真上)子どもセンターつるっこ内に埋設されていた場所(写真下)
掘り出されたタイムカプセル(写真上)子どもセンターつるっこ内に埋設されていた場所(写真下)
 30年前に埋めたタイムカプセルを「一緒に開封しましょう」と町田市立鶴川中学校(岩田敏行校長)では当時の1年〜3年生の参加を呼び掛けている。開封は11月18日(土)(午後2時〜)、同校1階多目的ホールで開催。

 今年で創立70周年を迎えた鶴川中学校で、創立40周年の記念に埋設したタイムカプセルを開封する。これは1987(昭和62)年度に在学していた1年生から3年生で、1972(昭和47)年4月〜1975(昭和50)年3月生まれの卒業生が対象。

 タイムカプセルの中には全生徒による作文「未来へのメッセージ」や集合写真のほか、式典や合唱コンクールを録音した合唱テープなど当時の様子が伺える品々が封入された。

 同校は2002(平成14)年に今の場所(小野路)に移転。それまでは大蔵町にあった(現在は子どもセンターつるっこ)。タイムカプセルは当時の校庭に埋められたが、移転に伴い、つるっこ内で移設された。今年6月には場所も確認され、堀り出しも完了した。

 開封式は現在の鶴川中学校1階の多目的ホールで開催。当時の先生や卒業生が集まり、30年ぶりにカプセルを開封する。同校では「同級生などに声を掛けて、同窓会のような気分で集まってもらえれば」と話している。式は自由歓談、流れ解散(午後4時閉門)。公共交通機関の利用を呼び掛けている。封入された品々は19日(日)〜23日(木・祝)の午前10時〜午後4時に同校で展示する。■問合せ・申込みは同校【電話】042・735・2405(副校長)

町田版のトップニュース最新6件

手話で夢の大切さ語る

洋画家八木道夫氏

手話で夢の大切さ語る

2月22日号

100歳で麻雀愉しむ

南大谷在住塚田繁代さん

100歳で麻雀愉しむ

2月22日号

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今、求められる学力とは

参加費無料

今、求められる学力とは

地域教育サポーター入門講座

2月27日~3月16日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク