町田版 掲載号:2017年12月7日号 エリアトップへ

鶴川ショートムービーコンテスト 世相を切る作品多数出品 グランプリは「おしゃぶり。」

文化

掲載号:2017年12月7日号

  • LINE
  • hatena
全国から18人の監督が集まった
全国から18人の監督が集まった

 「映像文化・芸術の発展」「上映・鑑賞機会の提供」などを目的に活動している「グローイングアップ映画祭」が12月3日、今年で3回目となる「鶴川ショートムービーコンテスト」を和光大学ポプリホール鶴川で開催し、グランプリなどを発表した。

 「鶴川ショートムービーコンテスト」(同実行委員会=大塚隆裕委員長・一般財団法人町田市文化・国際交流財団主催)は、15分以内のショートムービーを全国から募集し、多くの人に観てもらいながら、審査し、表彰しようというイベント。

 今年月から約3カ間で集まった作品は過去最高の73作品。そのうち一次審査を通過した入選作品18本を和光大学ポプリホール鶴川内のカフェマーケットで5日間上映した。

 審査委員長は映画「赤々煉恋」「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」などを手掛けた小中和哉監督が務めた。

 グランプリには黒田航大監督の「おしゃぶり。」が輝いた。高校生の『いじめ』をテーマにした作品で、小中審査委員長は「タイトルや小道具として使われた『おしゃぶり』の意味がストーリーが進むにつれ、はっきりしていく。映画の手法を使い、問題意識や伝いえたいことなどはっきりした作品だった」と評した。黒田監督には副賞として賞金10万円が贈られた。

 ほかの受賞作品は次の通り。準グランプリ「おるすばんの味」(武石昴大監督)、市長賞「町田の里山五反田谷戸のさくら」(黒木清監督)、市議会議長賞「虫愛でる姫」(能勢広監督)、理事長賞「DADA MAMA」(小林フィデア監督)、U―18賞「寿命不満足」(河野姫奈監督)、観客賞「RICE BALL」(大石結介監督)。

町田版のトップニュース最新6

「共生」テーマに全国繋ぎ

まちだDサミット

「共生」テーマに全国繋ぎ 社会

認知症とともに生きる

12月2日号

地場野菜、食べよう

町田市

地場野菜、食べよう 経済

購入・配送サービス「マチコロ」

12月2日号

初のeスポーツ大会開く

町田工業高校

初のeスポーツ大会開く 教育

中学生に自校をアピール

11月25日号

賑わい求めて実験開始

町田市中心市街地

賑わい求めて実験開始 社会

2つの通りで1カ月間

11月25日号

まちカフェ活性の一助に

学生おうえん隊

まちカフェ活性の一助に 文化

ネット整備などで活躍

11月18日号

文化庁から功労者表彰

三ツ目囃子振興会

文化庁から功労者表彰 文化

金井獅子舞は都から受賞

11月18日号

相続&登記のことならお任せ

遺言、家族信託、成年後見制度、不動産売買、贈与、財産分与など「南町田唯一!」

https://www.sss-office.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook