町田版 掲載号:2017年12月14日号 エリアトップへ

園長として「こどもの国」を運営する 為石(ためいし) 摩利夫さん  62歳

掲載号:2017年12月14日号

  • LINE
  • hatena

子どもは笑顔でいて

 ○…30万坪ある敷地の8割が緑地。都市部では得難い環境の中で、子どもが様々な遊びや体験に興じている。子どもの健全育成施設として開園し、53年目を迎えた今年5月に園長に就任した。「こどもの国は社会の資源。多くの人に利用してほしい」と思いを語る。

 ○…島根県松江市出身。高校を卒業後、海上保安庁、国立病院を経て厚生省(当時)に。以後30年近く児童福祉に関わる。児童自立支援施設では虐待や保護者の抱える問題に取り組み、その経験を施策に役立ててきた。虐待を受け、「びっくりするほど冷たい、凍りついた目」を持つ子どもに接し、「急には変えられないけれど、少しでもいい社会にしたい」と仕事にまい進する日々だった。こどもの国には副園長として2年前に赴任。虐待とは無縁と思える場所だが、「苦しい家庭も最初から苦しかったわけではない。来園者を癒し、心の負担を入口のところで軽減できたら」。様々な家庭を見てきたからこそ、こどもの国の役割を明確に思い描く。「子どもは笑顔でいてほしい」。それが願いだ。

 ○…子どもが遊び、友達と過ごす時間は昔と比べて減った。相手の顔が見えないコミュニケーションが増える中で、対人関係を育む機会の少なさに危機感を持つ。子ども同士が関わり、社会体験を通じて生きる力を育みたい、そんな思いで企画したのが、昨年から始めた子どもの仕事体験イベント。今年は子ども800人が参加し、互いに協力して楽しむ様子に目を細める。

 ○…「より質を高く、より地域に愛される施設に」とボランティアや大学など地域との連携を意識し、公務員時代からの「現場から学べ」をモットーにトップダウンではない組織運営に心を砕く。多忙な仕事の合間には「いつまでもいじり続ける」と、バイクのレストアや庭木の手入れを楽しむ時間も。孫3人のおじいちゃんでもあり、「こどもの国に遊びに来てくれたんです」とにこやかに笑った。

町田版の人物風土記最新6

大月 徹さん

第14回まちカフェ!10daysの実行委員長を務める

大月 徹さん

成瀬が丘在住 32歳

11月26日号

佐藤 亜美(つぐみ)さん

「(財)風に立つライオン基金」のチャンポン大使に任命された

佐藤 亜美(つぐみ)さん

成瀬台在住 27歳 

11月19日号

刈田 享子さん

1831年に初演された難度の高いオペラ「ノルマ」の主役に挑戦する

刈田 享子さん

玉川学園在住 

11月12日号

久保 礼子さん

自然保全等の活動を行う野津田・雑木林の会代表を務める

久保 礼子さん

横浜市在住 69歳

11月5日号

山下 潤一さん

JA東京グループ主催の農業男子×総選挙にJA町田市代表で参加する

山下 潤一さん

つくし野在住 27歳

10月29日号

園田 恵一さん

自然教室を開く「まちだネイチャーゲームの会」の代表を務める

園田 恵一さん

小川在住 60歳 

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月29日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク