町田版 掲載号:2017年12月21日号 エリアトップへ

ミノクラゲを日本初展示 希少個体が続々 北里アクアリウムラボ

社会

掲載号:2017年12月21日号

  • LINE
  • hatena
アクアリウムラボで展示しているミノクラゲ(仮称)=提供写真
アクアリウムラボで展示しているミノクラゲ(仮称)=提供写真

 北里大学海洋生命科学部の学生が企画・運営をしている、大学内に併設されたミニ水族館「北里アクアリウムラボ」(相模原市南区北里)で今月5日から、希少なミノクラゲ(仮称)の展示が始まった。新江ノ島水族館との同時公開で、日本初展示となる。

 このクラゲは傘の上に毛のような突起が現れ、蓑をまとったように見えることから「ミノクラゲ」と言われている。主に東南アジアに大量出現し、成長すると50cmほどになり中華クラゲの食材として中国などを中心に輸出されている。

繁殖個体では世界初

 同大学では、2016年にクラゲの元となる「ポリプ」を譲り受け、今年7月にクラゲの幼生が生まれ育成させた。同大の三宅裕志准教授によると、現在展示しているのは3〜5cm程度の2個体で、傘の表面に僅かに突起が出始めており、野生個体は世界でも事例があるものの、繁殖個体としての展示は世界初という。

 今年6月に世界初展示となった「ヒョウガライトヒキクラゲ」に続き、希少なクラゲを次々に展示している北里アクアリウムラボ。ミノクラゲを含めて現在5種類のクラゲが同水族館で展示されている。

 一般公開は、平日の午前10時〜午後4時で入場無料。入館の予約は不要だが、学生による解説が必要な際は電話で予約を。問合せは同学部事務室【電話】042・778・7919へ。

 同学部で水族館職員や博物館職員を目指す学生らが企画・運営している「北里アクアリウムラボ」は、「一般的に知られている生物をスターにしよう」をモットーに希少な生物に限らず、様々な海洋生物を、趣向を凝らした方法で展示している。また、同学部では、東南アジアにおける食用クラゲ類の生活史や環境適応について研究し、持続的な利用や保全の研究を行っている。

町田版のトップニュース最新6

新ロゴマークが誕生

木曽地区協議会

新ロゴマークが誕生 社会

テーマは結束と団結

11月26日号

パラバドミントンを体験

小山田南小学校

パラバドミントンを体験 スポーツ

4年生93人が参加

11月26日号

東京都功労者表彰を受賞

町田市バレーボール連盟

東京都功労者表彰を受賞 文化

陸協に次いで2番目

11月19日号

市内149カ所に寄付

南町田教会

市内149カ所に寄付 社会

米や野菜 農家救済も兼ね

11月19日号

新型コロナの影響大

町田商工会議所

新型コロナの影響大 社会

アンケート結果を発表

11月12日号

オープン30周年迎える

市内の各施設

オープン30周年迎える 社会

各地で記念イベントも

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 10月29日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク