町田版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の 酒井 美登さん 本町田在住 70歳

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena

人生をかけて理想を追求

 ○…どんなピアノにも、そのピアノにとって一番と言える音色がある。「今の自分が持つ技量のすべてをかけてその音を追求したい」。ピアノ調律師として50年。多いときには年間600台以上を調律し、現在では各地から仕事の依頼が舞い込む。それでも「毎日が修業。これまで100%できたと思ったことはない」と謙虚に語る。

 ○…ピアノも人間と同じようにそれぞれ個性がある。「扱いやすいタイプもあれば、気難しいものもある。これまで向かい合ってきた一台一台が自分を成長させてくれた」。大手楽器メーカーの工場がひしめく静岡県浜松市の生まれ。父親も楽器の素材に関わる仕事をしていた。ブラスバンドでクラリネットを吹いていた20代前半、たまたま見かけたピアノ調律師の仕事に目を奪われた。「世の中にこんな仕事があるんだと初めて知りました」

 ○…楽器メーカーに就職し、先輩たちの技術を目で見て学習し、調律師としての腕は独学で磨いた。毎年自分の中で成長するためのテーマを決め、20年後には目指す音を追求できるところまで到達することをイメージした。40歳のとき、かすかな光が見えたような気がした。「今思えば、それば本当の光ではなかった」と振り返る。

 ○…子どものころに聞いた音を求めて調律する55年前のピアノも、同世代に届けたいという思いがある。「自分と同じ団塊の世代には懐かしい音。当時を知る人に弾いてもらいたい」。現在のピアノは素晴らしい音を奏でる。それでも職人が見えない部分まで手作りした昔のピアノには今のピアノには出せない音がある。”過去の産物”にはしたくない。「弾いてもらえることがピアノにとって一番だから」。ピアノと対峙し、その声を聞き、人生をかけて理想の音を追求している毎日が楽しい。「箱ではなく、楽器として長く生かしてあげたい」。この仕事が天職だと思っている。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

榎本 瞳さん

戦争体験を語る「次世代の語り部」の1期生として今春デビューした

榎本 瞳さん

市内在住 34歳

4月16日号

久永 敬晶さん

まちビジョンを扱う(株)京せん堂の代表取締役を務める

久永 敬晶さん

金井在住 61歳

4月9日号

熊沢 礼里(あやり)さん

町田市議会の第37代議長に就任した

熊沢 礼里(あやり)さん

本町田在住 48歳

3月26日号

伊勢 真一さん

相模女子大学グリーンホールで上映される『えんとこの歌』を監督した

伊勢 真一さん

市内在住 71歳

3月5日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月27日号

松本 礼子さん

NPO法人ひまわりの会代表で認知症フレンドシップクラブ町田事務局の代表を務める

松本 礼子さん

市内在住

2月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月8日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク