町田版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

相原地域 乗合タクシー運行 交通空白地区の解消を目指し

社会

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena
車体には「あいはらシャトル丸山団地号」のステッカーが貼られている=町田市提供
車体には「あいはらシャトル丸山団地号」のステッカーが貼られている=町田市提供

 町田市は相原地域の主な交通空白地区の解消を目指し、2月1日からタクシー車両を用いた小型乗合交通の実証実験を始めた。運行期間は3月31日(火)までの2カ月間。

 経路はJR横浜線の相原駅西口から丸山団地の「団地西」バス停留所までのルート。日中の移動に不便を感じている方の移動を支援することが目的だ。道路幅が狭く、バスによる運行が困難なためタクシー車両を走らせる。車両は乗客4人乗りのセダンタイプで、ボンネットなどに愛称が書かれた専用のステッカーが貼られる。路線バスと同じようにあらかじめ定めたルートを時間通りに走る「定時定路線型」の運行。団地西発は午前8時45分〜午後3時20分、相原駅西口発は午前9時35分〜午後4時40分で1日に6往復する。相原駅―団地西間は約1・2Kmで約7分、団地西―相原駅間は約1・5Kmで約9分。

 運賃は200円均一(現金のみ)。未就学児は有料乗車1人につき1人まで無料。2人目からは200円。平日限定で土・日曜、祝日は運休する。

 町田市都市づくり部交通事業推進課によると2月1日〜8日(2日は降雪のため運休)の間の5日間でこれまで計60人ほどの利用があったという。今後はこの実験によって利用者の需要を考えた上で本格的な運行が検討される。

 運行に関する問合せは交通事業推進課【電話】042・724・4260。

町田版のトップニュース最新6

SDGs推進に向けて

町田JC

SDGs推進に向けて 社会

企業・教育・行政視点で考察

6月17日号

2028年開通目指す

鶴川駅周辺南口道路

2028年開通目指す 社会

町田・川崎 両市が連携

6月17日号

ラポール千寿閣が閉館

57年の歴史に幕

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で苦慮 8月末で

6月10日号

テイクアウトマップ作成

栄通り商店会

テイクアウトマップ作成 社会

会員の飲食店を応援

6月10日号

エジソンメダルを受賞

町田市在住伊賀健一氏

エジソンメダルを受賞 社会

日本人では3人目の偉業

6月3日号

地域の介護 支えて10年

町田市介護人材開発センター

地域の介護 支えて10年 社会

人材の確保と育成に尽力

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter