町田版 掲載号:2018年2月22日号 エリアトップへ

南大谷在住塚田繁代さん 100歳で麻雀愉しむ 毎回元気に歩いて参加

文化

掲載号:2018年2月22日号

  • LINE
  • hatena
麻雀に集中する塚田さん
麻雀に集中する塚田さん

 指先や頭を使うため認知症予防にも良いとされる「健康麻雀」。酒を飲まない、タバコを吸わない、金を賭けない健全なゲームとして高齢者を中心に人気が高く、町田市内の集会場のほとんどで健康麻雀のサークルがあるという。南大谷のさくら会館に集うグループに、今月誕生日を迎え、100歳になった参加者がいるとのことで、取材した。

 2月13日に誕生日を迎えたばかりの塚田繁代さんは1918年(大正7年)生まれの100歳だ。和歌山で生まれ、結婚後、町田で暮らし、今では玄孫(やしゃご)までいて「もう誰が誰の子かわからないほどたくさんなのよ」と笑う。現在は南大谷の介護付き高齢者住宅に入居し、月に6回あるさくら会館でのサークルには「5分ほどだからお散歩にちょうどいい」と毎回徒歩で参加している。

 「健康がとりえ」の100歳。足腰が丈夫で、これまで大きな病気もない。「食事を残さず食べ、夜ぐっすり眠るのが秘訣かな。つい最近までバスを乗り継いで遠出もしていたけど、さすがに家族や周りの人たちに止められるようになって。部屋でじっとしていると引き籠っちゃうから、ここだけは来るようにしているの。麻雀は私の唯一の楽しみだから」と笑顔で話す。

 麻雀は戦時中、陸軍病院から退院した夫と、夫の戦友たちと始めたのがきっかけだという。毎週土日には互いの家で興じていた。1人目の子どもが生まれてから5人の年子の母親に。麻雀どころじゃなくなった。

 時は経ち、以前住んでいた藤の台の、近くのサークルに参加して約70年ぶりに麻雀牌を握った。「ちゃんとルールを覚えていたわ、『役』なんかわからないし、点数も周りのみんな任せだけど、牌を揃えていくのが楽しいわよね」と破顔する。

 誕生日前の5日には、サークルのメンバーからお祝いにバラの花束が贈呈された。「耳が遠くて迷惑かけることもあるけど、こうやって周りのメンバーが支えてくれる。みんな自分の子どもくらいの世代だけど、一緒に遊んでくれて嬉しい」

サークル仲間から花束贈呈(メンバー提供)
サークル仲間から花束贈呈(メンバー提供)

町田版のトップニュース最新6

選挙契機に地域盛り上げ

選挙契機に地域盛り上げ 社会

「投票所はあっち」の矢印掲げ

1月20日号

住民主導で空き家活用

玉川学園・南大谷地区

住民主導で空き家活用 社会

多世代交流の場に

1月20日号

市内4811人か新成人に

市内4811人か新成人に 社会

成人式、会場開催2年ぶり

1月13日号

都知事 多摩地域を語る

年頭インタビュー

都知事 多摩地域を語る 社会

「多世代が快適に暮らす環境に」

1月13日号

「受診控え」に注意喚起

町田市歯科医師会

「受診控え」に注意喚起 社会

超高齢社会へ向けた取組も

1月6日号

デジタル化 支援と推進

会頭インタビュー

デジタル化 支援と推進 経済

コロナ下で会員増

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

まちだDポータル2021

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月12日~2月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook