町田版 掲載号:2018年2月22日号
  • googleplus
  • LINE

南大谷在住塚田繁代さん 100歳で麻雀愉しむ 毎回元気に歩いて参加

文化

麻雀に集中する塚田さん
麻雀に集中する塚田さん
 指先や頭を使うため認知症予防にも良いとされる「健康麻雀」。酒を飲まない、タバコを吸わない、金を賭けない健全なゲームとして高齢者を中心に人気が高く、町田市内の集会場のほとんどで健康麻雀のサークルがあるという。南大谷のさくら会館に集うグループに、今月誕生日を迎え、100歳になった参加者がいるとのことで、取材した。

 2月13日に誕生日を迎えたばかりの塚田繁代さんは1918年(大正7年)生まれの100歳だ。和歌山で生まれ、結婚後、町田で暮らし、今では玄孫(やしゃご)までいて「もう誰が誰の子かわからないほどたくさんなのよ」と笑う。現在は南大谷の介護付き高齢者住宅に入居し、月に6回あるさくら会館でのサークルには「5分ほどだからお散歩にちょうどいい」と毎回徒歩で参加している。

 「健康がとりえ」の100歳。足腰が丈夫で、これまで大きな病気もない。「食事を残さず食べ、夜ぐっすり眠るのが秘訣かな。つい最近までバスを乗り継いで遠出もしていたけど、さすがに家族や周りの人たちに止められるようになって。部屋でじっとしていると引き籠っちゃうから、ここだけは来るようにしているの。麻雀は私の唯一の楽しみだから」と笑顔で話す。

 麻雀は戦時中、陸軍病院から退院した夫と、夫の戦友たちと始めたのがきっかけだという。毎週土日には互いの家で興じていた。1人目の子どもが生まれてから5人の年子の母親に。麻雀どころじゃなくなった。

 時は経ち、以前住んでいた藤の台の、近くのサークルに参加して約70年ぶりに麻雀牌を握った。「ちゃんとルールを覚えていたわ、『役』なんかわからないし、点数も周りのみんな任せだけど、牌を揃えていくのが楽しいわよね」と破顔する。

 誕生日前の5日には、サークルのメンバーからお祝いにバラの花束が贈呈された。「耳が遠くて迷惑かけることもあるけど、こうやって周りのメンバーが支えてくれる。みんな自分の子どもくらいの世代だけど、一緒に遊んでくれて嬉しい」

サークル仲間から花束贈呈(メンバー提供)
サークル仲間から花束贈呈(メンバー提供)

町田版のトップニュース最新6件

画家人生の集大成

大西里子油彩個展

画家人生の集大成

6月21日号

認知症高齢者が漢検挑戦

利用意向調査を実施

保育園幼稚園

利用意向調査を実施

6月14日号

「だからこそ幸せに」

発達障害の住吉さん夫妻

「だからこそ幸せに」

6月14日号

子どもたちと共に

FC町田ゼルビア

子どもたちと共に

6月7日号

初夏の風物詩、今年も

薬師池公園

初夏の風物詩、今年も

6月7日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今年もクラッシュ

今年もクラッシュ

アルル。で『危険なヤツら』のライブ

6月22日~6月22日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク