町田版 掲載号:2018年3月8日号
  • googleplus
  • LINE

FC町田ゼルビア 元J1下し開幕2連勝 ベテラン、若手がそろって活躍

スポーツ

深津(中央)の先制弾に喜ぶ選手たち
深津(中央)の先制弾に喜ぶ選手たち
 3月4日、2018シーズンのホーム開幕戦を町田市立陸上競技場で迎えたFC町田ゼルビア。今季初のゼルビアブルーのユニホームを着た選手たちが躍動した。昨季J1の大宮を3-2で下し、開幕から2連勝。昨年7月以来となるホーム戦勝利を、8千を越えた観衆に届けた。

 澄んだ青空と春を思わせる陽気となったこの日、少し強めに吹いた風はゼルビアへの”追い風”となった。前節の京都戦に2-0で勝利したチームは、勢いそのままにゲームに入る。

 前半8分、MF平戸太貴のコーナーキックをDF深津康太が頭で合わせて先制。同24分にはFW鈴木孝司の初戦に続くゴールで追加点。前半を2-0で折り返した。風下に変わった後半、60分過ぎから大宮に立て続けのゴールを奪われ同点に。スタジアムに嫌な空気が漂ったが、ここからが今季のチームの違うところ。選手は誰ひとり下を向くことなく、攻め上がる。後半79分、FW中島裕希がゴールネットを揺らすと、選手たちは満員のバックスタンド席へ向けて駆け寄った。昨年チームをけん引したエース中島の今季初ゴールが勝ち越し弾になり、勝利の雄叫びを上げた。

 開幕から鈴木と中島の両エースがそろって出場し、チーム8年目の深津が早くも2点を取るなどベテラン勢が元気いっぱいだ。一方、この試合で2得点に絡んだ平戸、開幕戦から出場するDF小島雅也、MF杉森考起といった東京五輪代表を目指す”オリンピック世代”も活躍している。ベンチに控える選手層も厚く、今年のゼルビアはバランスの取れたチームになった。

 試合後、相馬直樹監督は「選手たちは『今年はやってやる』という強い気持ちと覚悟を持って戦っています。後半追いつかれた中で勝利につなげることができたのは、多くの方の声援や思いが選手たちに伝わった結果なのだと思う」と語った。決勝点の中島は「絶対に勝ちたい気持ちでこの試合に臨みました。苦しい展開でしたが、最後は自分のゴールで勝利に持ち込むことができて本当にうれしいです」。ゴール後にサポーターの前まで行ったことは「やってやった」という気持ちがそうさせたと話した。

 試合前には大型映像装置オーロラビジョンの除幕式が行われた。お披露目当日となった試合で、ゼルビアの得点シーンを3度も映し出し、会場に詰めかけた多くのサポーター、ファンを喜ばせた。入場者数は8839人。ゼルビアは今季スタジアム平均入場者数7000人を目標にしている。

ホーム開幕戦でお披露目されたオーロラビジョン
ホーム開幕戦でお披露目されたオーロラビジョン

町田版のトップニュース最新6件

画家人生の集大成

大西里子油彩個展

画家人生の集大成

6月21日号

認知症高齢者が漢検挑戦

利用意向調査を実施

保育園幼稚園

利用意向調査を実施

6月14日号

「だからこそ幸せに」

発達障害の住吉さん夫妻

「だからこそ幸せに」

6月14日号

子どもたちと共に

FC町田ゼルビア

子どもたちと共に

6月7日号

初夏の風物詩、今年も

薬師池公園

初夏の風物詩、今年も

6月7日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今年もクラッシュ

今年もクラッシュ

アルル。で『危険なヤツら』のライブ

6月22日~6月22日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク