町田版 掲載号:2018年4月12日号
  • LINE
  • はてぶ

町田市町内会・自治会連合会の会長を務める 安達 廣美さん 小山町在住 66歳

常に、いい体制でありたい

 ○…町田市制とともに、60周年を迎えた町田市町内会・自治会連合会、通称『市連』の会長を務める。約10万世帯が加入する、全部で311の町内会・自治会で構成される10地区の地区連合会を統括するのは容易ではない。「それぞれの地区でカラーがあるが、住む町を良くしたいという思いは同じ。個別に動いていたものを同じ向きにしたかった」。コミュニケーションと体制づくりに尽力。反発もあったが自分の思いを訴え、連携が取れるようになってきた。「今の状況が100%ではない。皆で意見を出し合い、常に一番良い形を目指していければ」と、何年も先を見据える。

 ○…福島県出身。活発な少年時代、中・高は野球や空手に打ち込んだ。大学進学を機に上京。同時に憧れていた芸能の道にも進む。「裕次郎が好きでね。劇団の面接官の前でアカペラを歌うも『君は演劇から入った方がいいね』と言われたよ」と回顧。「今では飲みの席で歌うくらいかな」

 ○…本業は建築会社の社長。大学卒業後、紆余曲折ののち橋本の建材問屋に勤め、しゃかりきに働いた。46歳で横浜の所長に栄転が決まったが、その送別会の席で辞意を表明。ついてきてくれる部下たちのために、新会社を立ち上げた。「忙しすぎて、今、会社の方は任せきりだけど」。別会社に”修行”に出ている長男の成長も頼もしい。

 ○…「今年度の防災マニュアルづくり」「60周年記念誌づくり」「近隣の大学・専門学生の力を借りたロゴマークづくり」「地域住民の自治会加入促進のための不動産協会との連携強化」―。やらなければならないことは沢山ある。「自分一人じゃ何もできない。周りの皆に支えられているよ」。人と人との触れ合いを大切にして、今、一番適した方向に舵を取る。

町田版の人物風土記最新6件

清水 たぁーさん

10月28日、芸人として6年半暮らした玉川学園でイベントに出演する

清水 たぁーさん

10月11日号

工藤 和真さん

16日、町田市民フォーラムの町田イタリア歌劇団の特別公演に出演する

工藤 和真さん

10月4日号

つるた 聰子さん

30日まで「時代裂のキルトアート展」と題し地元で初の個展を開いている

つるた 聰子さん

9月27日号

三河 尚さん

町田に本店があるオーダーメイド中敷と靴の専門店の統括責任者を務める

三河 尚さん

9月20日号

古橋 多恵子さん

ウェディングプランナーで、婚活イベント「鶴川まちこい未来図大作戦」を主催する

古橋 多恵子さん

9月13日号

宮本 恒夫さん

第32回フェスタまちだ2018の実行委員長を務める

宮本 恒夫さん

9月6日号

人形衣装のオートクチュール展

大切なお人形さんのために、大切に衣装を作りました。一部販売します。

http://wearme.exblog.jp/

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小泉純一郎氏が講演

元内閣総理大臣

小泉純一郎氏が講演

町田法人会主催

11月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク