町田版 掲載号:2018年5月10日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜 救急医療の拡充に向けて 新百合ヶ丘総合病院

救急科 救急センター伊藤敏孝センター長
救急科 救急センター伊藤敏孝センター長
 当院は開設当初から救急医療に積極的に取り組んで来ました。重症度や病気、怪我に関わらず「救急車を断らない」を目標に、救急医による初期診療を実践しています。

 当院では、救急車で来院した場合、6名いる救急医が初期診療を行い、帰宅可能な方はご帰宅いただき、専門医の診療が必要な場合には診療を継続していきます。※18年1月に市内3番目となる「日本救急医学会指導医施設」に指定されました。

 救急車受入台数は15年度5137台でしたが、17年度7200台と大幅に増加しました。搬送される方の多くは川崎北部医療圏ですが、町田市など東京都の医療圏からの救急車搬送も著しく増加しています。お待たせすることや受入れが困難な場合もありますが、今後さらなる救急外来の充実を目指していきます。

新百合ヶ丘総合病院

川崎市麻生区古沢都古255

TEL:044-322-9991

http://www.shinyuri-hospital.com/

町田版のピックアップ(PR)最新6件

噛める喜び、快適な食事をあなたに

”歯の健康”から認知症を予防

噛める喜び、快適な食事をあなたに

5月17日号

日常を送るための準備

「菜彩ちゃんぽん」登場

人気メニューが3年ぶりに復活 らーめん花樂

「菜彩ちゃんぽん」登場

5月17日号

「見た目の悩み」の専門外来

目元のクマ・たるみに注入治療

「老け顔・疲れ顔の原因にアプローチ」―症例3万件を突破 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

目元のクマ・たるみに注入治療

5月10日号

屋根・外壁塗装の失敗防ぐ

市民講座

屋根・外壁塗装の失敗防ぐ

5月10日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

陶芸にどっぷり浸る6日間

陶芸にどっぷり浸る6日間

小野路町・柏葉窯(はくようがま)で作品展

5月17日~5月22日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク